トマス・エイキンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
トマス・エイキンズ
Eakins selfportrait.jpg
「自画像」(1904)
生誕 (1844-07-25) 1844年7月25日
フィラデルフィア
死没 1916年6月25日(1916-06-25)(71歳)
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
この人物に影響を
与えた芸術家
ジャン=レオン・ジェローム
この人物に影響を
受けた芸術家
ジェシー・ウィルコックス・スミス

トマス・エイキンズ(Thomas Eakins, 1844年7月25日 - 1916年6月25日)は、アメリカ合衆国の画家・写真家・彫刻家である。実写主義を追求し、アメリカ近代美術の父と呼ばれることもある。

生涯[編集]

フィラデルフィア出身。カリグラフィーの教師だった父の仕事ぶりを見て育つ[1]。ペンシルベニア美術アカデミーで学び、1864年から1865年までジェファーソン・メディカル・カレッジ (現在のシドニー・キンメル医科大学) で解剖学を学ぶ。当初は父と同じ職に就くつもりだったが、科学分野に対する興味から次第に医者を志す[2]。1866年から1870年までパリに渡ると、ジャン=レオン・ジェロームに師事する[3]

フィラデルフィアに戻り1878年から母校のペンシルベニア美術アカデミーの教師となるが、考え方を急進的と見なされてしばしば攻撃の的にされた。美術の授業にヌードモデルを使うべきだと主張、ついに1886年には女生徒に男性ヌードを描かせたとして解雇されてしまう。弟子にジェシー・ウィルコックス・スミスがいる。

リアリズムの飽くなき探求から解剖学も学んでいる。1875年には代表作といわれる「グロス・クリニック」を描き、解剖のシーンを扱ったため物議をかもした。この作品は長く母校ジェファーソン・メディカル・カレッジが所有し、2007年にペンシルベニア美術アカデミーとフィラデルフィア美術館の共同所有として$6800万アメリカドルで手放した[4]。現在は複製画を掲示している。

作品[編集]

「グロス・クリニック」(1875年) ペンシルベニア美術アカデミー・フィラデルフィア美術館
スカルを漕ぐマックス・シュミット」部分 (1871年) メトロポリタン美術館

参考文献[編集]

「考える人」(1900年) メトロポリタン美術館

出版年順

  • “Thomas Eakins; Familiar truths in clear and beautiful language”. Horizon VI (4). (Autumn, 1964). 
  • Bolger, Doreen; Cash, Sarah (1996). Thomas Eakins and the Swimming Picture. Fort Worth: エーモン・カーター美術館. ISBN 0883600854. OCLC 1008145062. 
  • Thomas Eakins. フィラデルフィア美術館. (2001). ISBN 0-87633-142-8. OCLC 615182700. 
  • Michael Kimmelman (2007年1月12日). “In the Company of Eakins”. ニューヨーク・タイムズ. https://www.nytimes.com/2007/01/12/arts/design/12eaki.html?pagewanted=all 

脚注[編集]

  1. ^ Werbel, p. 5.
  2. ^ Canaday 1964, p. 96.
  3. ^ Weinberg, p. 15.
  4. ^ [[#CITEREFニューヨーク・タイムズ2007|ニューヨーク・タイムズ 2007]].
  5. ^ エーモン・カーター美術館 1996.

関連項目[編集]

ウィキメディア・コモンズには、トマス・エイキンズに関するカテゴリがあります。

関連資料[編集]

外部リンク[編集]