トフィク・バフラモフ・スタジアム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Tofiq Bahramov Stadium
施設情報
正式名称 Tofiq Bəhramov adına Respublika Stadionu
所在地 アゼルバイジャン・バクー
位置 北緯40度23分50.42秒
東経49度51分8.76秒
座標: 北緯40度23分50.42秒 東経49度51分8.76秒
開場 1951年9月16日
拡張 2012年8月16日[1]
所有者 AFFA
グラウンド 天然芝
ピッチサイズ 104 x 66
使用チーム、大会
ネフチ・バクー
FKバクー
サッカーアゼルバイジャン代表
収容能力
31,200[2]

トフィク・バフラモフ・スタジアムアゼルバイジャン語: Tofiq Bəhramov adına Respublika Stadionu)は、アゼルバイジャンの首都バクーにあるスタジアムである。最大3万人収容で国内最大のスタジアム[3]

概説[編集]

1939年に建設を開始したが、第二次世界大戦の影響で工事が中断される。戦後の1951年に完成。1993年には同年に死去した審判であったトフィク・バフラモフ英語版をたたえて改称された。

2012年に開催のFIFA U-17女子ワールドカップでは決勝戦の会場として使用された。

脚注[編集]