トトメス1世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
トトメス1世
Thutmose I
トトメス1世のものとされる彫像頭部(大英博物館)
トトメス1世のものとされる彫像頭部(大英博物館
古代エジプトファラオ
統治期間 紀元前1524年 - 紀元前1518年、または紀元前1506年 - 紀元前1493年,第18王朝
前王 アメンホテプ1世
次王 トトメス2世
配偶者 イアフメス
ムトネフェルト
子息 トトメス2世
子女 ハトシェプスト
ネフェルビィティ
アメンホテプ1世?
セニセネブ

トトメス1世(Thutmose I、在位:紀元前1524年 - 1518年、あるいは紀元前1506年 - 1493年)は、古代エジプト第18王朝の第3代ファラオ(王)。

概要[編集]

誕生名「トトメス」(Thutmose)の意味は「(月神)トートの造りしもの、トートに生み出されしもの」。即位名「アアケペルカラー」(Akheperkare)の意味は「偉大なるは(太陽神)ラーの魂」。

アメンホテプ1世の子であったが、側室、または妾の子であった。優秀な軍人であり、シリアヌビアへの遠征軍を指揮して信頼を勝ち取り、アメンホテプ1世の妹で、先王の娘・王女イアフメスと結婚したことで、王の他の実子たちを差し置いて後継者と定められた。 その後、アメンホテプ1世の絶大な信頼を受けて共同統治者として実績を積み、各方面に遠征を行って領土を拡大し第18王朝の最初の絶頂期を現出させた。 宗教政策ではアメンホテプ1世によって後ろ盾としてつけられたアメン神官団と良好な関係を維持し、カルナックのアメン大神殿の造営を継続するなどしている。二代にわたるファラオの後援を得て、この時代以降アメン神官団の権力は飛躍的に拡大していくことになる。

先代:
アメンホテプ1世
古代エジプト王
124代
前1524年 - 1518年
あるいは前1506年-1493年
次代:
トトメス2世