トゲモミジガイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
トゲモミジガイ
トゲモミジガイ兵庫県明石市二見町沖合い300mにて.JPG
分類
: 動物界 Animalia
: 棘皮動物門 Echinodermata
: ヒトデ綱 Asteroidea
: モミジガイ目 Paxillosida
: モミジガイ科 Astropectinidae
: モミジガイ属 Astropecten
: トゲモミジガイ A. polyacanthus
Müller and Troschel, 1842
学名
Astropecten polyacanthus
和名
トゲモミジガイ
英名
comb star

トゲモミジガイ(棘紅葉貝、Astropecten polyacanthus) は、ヒトデ綱モミジガイ科のヒトデで、輻長約7cm~10cm、褐色黒色。「カイ」と名付けられているが、ヒトデの仲間である。

生態[編集]

日本では中部(房総半島相模湾)以南のごく浅い砂浜干潟、潮下帯などに広く生息。インド洋、西太平洋などにも分布する。通常はの中に棲み、夜明け夕方などの薄暗い時間帯に活動する。

形態・特徴[編集]

反口側(背側)と口側の双方に多くのを持ち、通常反口側は暗褐色で、口側は黄土色。個体により色と形に大きな差がある。よく似た種にモミジガイがあるが、モミジガイには反口側の棘がない。見かけからは想像しにくいが、水中での移動速度はかなり速く、先端に吸盤を持たない管足で砂を蹴るようにして歩く。体内にはフグ毒と同じテトロドトキシンを含有しており、食すると中毒を起こすため要注意。また表皮にヒトデヤドリニナが寄生することが多い。

関連項目[編集]