トウアズキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トウアズキ
Abrus precatorius pods.jpg
トウアズキ(果実と葉)
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 core eudicots
階級なし : バラ類 rosids
階級なし : マメ類 fabids
: マメ目 Fabales
: マメ科 Fabaceae
亜科 : マメ亜科 Faboideae
: トウアズキ属 Abrus
: トウアズキ A. precatorius
学名
Abrus precatorius
L., 1753
和名
トウアズキ
英名
Jequirity

トウアズキ(唐小豆、Abrus precatorius)はマメ科つる性多年草または木本。種子が赤く美しいので装飾用などに使われるが、この種子は猛毒を持つことでも知られる。 英語では jequirityと呼ばれており[1]、他にも Crab's eye[1]、 rosary pea[1]、 John Crow Bead[2] 、precatory bean[1] 、Indian licorice[1] 、Akar Saga、gidee gidee[1]と呼ばれている。また、トリニダード・トバゴ[3] ではJumbie beadと呼ばれている[注 1][1]

東南アジア原産で、他の熱帯地域にも野生化している。葉は奇数羽状複葉。

種子は赤く美しいので、古くから装飾用ビーズや、マラカスのような楽器の材料に使われた。種子にはアブリンという毒性タンパク質がある。これはトウゴマ種子に含まれるリシンと同様、リボゾームにおけるタンパク質生合成を妨害する。経口摂取でも変性しないため猛毒性を示す。 また、白い種子をつける変種はシッダ英語版たちの間で媚薬として用いられた[4]

ギャラリー[編集]

注釈[編集]

  1. ^ Jumbieとは、カリブ海の国々の伝承に登場する精霊・小鬼である。

脚注[編集]