トゥプア・タマセセ・メアッオレ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

トゥプア・タマセセ・メアッオレTupua Tamasese Mea'ole, 1905年6月3日 - 1963年4月5日)は、西サモア独立国(現在のサモア独立国)のオ・レ・アオ・オ・レ・マーロー(国家元首、在位1962年1月1日 - 1963年4月5日)。イギリス大英帝国勲章のコマンダー爵保持者。

トゥプア・タマセセは、現代サモア社会において特別に高い権威を有する4人の大首長タマ・ア・アイガ)のひとりである。タマセセ一族は、19世紀以降のドイツ・イギリス・アメリカの進出に際して、それぞれ外国勢力と結んで他の大首長とサモアの覇権を争った。1899年ドイツによる植民地支配の確立までには、マリエトアマタアッファトゥマレイリッイファノとならぶ4大首長の地位を定着させることに成功した。

メアッオレは、1905年に、トゥプア・タマセセであった父トゥプア・タマセセ・レアロフィオアッアナ3世と母アライサラの長男として生まれた。第1次世界大戦の結果、西サモアはドイツの支配を脱してニュージーランド委任統治領に移行したが、当初のニュージーランドの統治は拙劣で、スペイン風邪の流行に際して不適切な検疫対策で人口の22%を死に至らしめたほか、独立運動である第2次マウ運動を誘発することになった。ニュージーランド軍のサモア人群衆への発砲事件(1929年12月28日、黒い土曜日事件)によって父は死亡し、メアッオレがトゥプア・タマセセの称号を継承した。ニュージーランドはその後1936年の労働党政権の成立により政策を転換、タマ・ア・アイガの影響力を統治に活用して現地のサモア人と融和をはかる政策に移行し、ニュージーランドから派遣される高等弁務官をタマ・ア・アイガ2名が顧問(サモア語でファウトゥアFautua)として補佐する体制が導入された。1959年には、独立に向けたソフトランディングの一環として、国家元首に相当する組織として高等弁務官とタマ・ア・アイガ2名からなる国務会議を設置した。メンバーに選ばれたのは、メアッオレとマリエトア・タヌマフィリ2世の2名であった。また、メアッオレとタヌマフィリの両者は、新憲法の起草と独立の準備を担当する委員会の共同議長ともなっている。

両者の特異な地位は、新憲法においても尊重され、新生独立国の国家元首(オ・レ・アオ・オ・レ・マーロー O le Ao o le Mālō)の地位については、定員1名・選挙制・任期5年という一般規定とは別に、メアッオレとタヌマフィリという特定個人のための特別規定が設けられた。両者は、独立の日と同時に共同で国家元首の地位に就き、死亡・辞任・罷免によりその地位を失うまで終身その地位を保つこととされた。

メアッオレは、サモアが西サモア独立国として独立を果たした1962年1月1日、憲法の規定に従い、タヌマフィリと共同でオ・レ・アオ・オ・レ・マーローに就任し、翌1963年4月5日に57歳で死去するまで務めた。タヌマフィリは2007年の死去まで単独で引き続き務めた。

トゥプア・タマセセの称号は、メアッオレの死後は弟のトゥプア・タマセセ・レアロフィオアッアナ4世が継承した。1983年にレアロフィオアッアナが死ぬと、メアッオレの子息トゥプオラ・トゥフガ・エフィが継承した。

参考文献[編集]

  • 田邊誠解説・訳「サモア独立国」 萩野芳夫・畑博行・畑中和夫編『アジア憲法集【第2編】』 明石書店、2007年。
  • 山本美鳥「上からの統合、下からの統合 -サモア社会の国民統合と村落構造-」 法政大学学術機関リポジトリ、2003年。
  • 「GENEALOGICAL GLEANINGS」「TUPUA TAMASESE


先代:

(初代の国家元首)
オ・レ・アオ・オ・レ・マーロー
マリエトア・タヌマフィリ2世と共同)

1962年1月1日 - 1963年4月5日
次代:

(共同元首から単独の元首に移行)