デンマーク国家保健委員会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

デンマーク国家保健委員会(Danish Health and Medicines Authority、デンマーク語: Sundhedsstyrelsen)とは、デンマーク保健省配下の委員会。

概要[編集]

1909年に設立されコペンハーゲン市Islands Brygge地区に本部を置く。

委員会の責務には、患者の安全、健康づくり疾病予防・副作用報告などが含まれる。

デンマーク保健省英語版と医薬品庁は、医療関係者の免許・認可権限を持っている。

また医師および医療関係者の免許剥奪権限も持っており、地域および市町村の定める規約に違反した場合は処分を行う。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]