デューク・エリントン&ジョン・コルトレーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Duke Ellington & John Coltrane
デューク・エリントン&ジョン・コルトレーンスタジオ・アルバム
リリース 1962年
録音 1962年9月26日
ジャンル ジャズ
時間 35:02
レーベル インパルス!レコード
プロデュース ボブ・シール
専門評論家によるレビュー
テンプレートを表示

デューク・エリントン&ジョン・コルトレーンDuke Ellington & John Coltrane)は、ジャズピアニストデューク・エリントンサックス奏者ジョン・コルトレーンの共演盤。1962年に制作され、インパルス!レコードから発売された。

解説[編集]

本作は、インパルス!レコードのプロデューサー、ボブ・シールの発案により作られた。コルトレーンは完全主義になりがちな面があったため、デュークを手本とさせようという意図があった。実際、本作のレコーディングは、デュークの意向により全曲ワン・テイクで終了した。

選曲は、デュークの往年のレパートリーが中心。デュークのバンドに在籍していたジョニー・ホッジスも、本作を絶賛した。

なお、本作制作の少し前には、デュークはチャールズ・ミンガスマックス・ローチとも共演している。

収録曲[編集]

  1. イン・ア・センチメンタル・ムード - In A Sentimental Mood(I. Mills、D. Ellington、M. Kurtz)
  2. テイク・ザ・コルトレーン - Take The Coltrane(D. Ellington)
  3. ビッグ・ニック - Big Nick(J. Coltrane)
  4. スティーヴィー - Stevie(D. Ellington)
  5. マイ・リトル・ブラウン・ブック - My Little Brown Book(B. Strayhorn)
  6. アンジェリカ - Angelica(D. Ellington)
  7. ザ・フィーリング・オブ・ジャズ - The Feeling Of Jazz(D. Ellington、B. Troup、G. Simon)

演奏メンバー[編集]