デュゲイ・トルーアン (軽巡洋艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Dugay-Trouin-1.jpg
アメリカ海軍の識別用写真(1942年)
艦歴
起工 1922年8月4日
進水 1923年8月14日
就役 1926年11月2日
退役 1952年3月19日
性能諸元
排水量 基準 7,249トン
満載 9,350トン
全長 182m
全幅 17m
吃水 5.2m
機関 ギヤードタービン4基8缶 4軸推進 102,000hp
速力 33ノット
航続距離 3,000海里(15ノット)
乗員 578人
兵装 155mm連装砲 4基8門
75mm単装砲 4門
550mm魚雷3連装発射管 4基
搭載機 水上機(GL-812 2機

デュゲイ・トルーアン (Duguay-Trouin) はフランス海軍デュゲイ・トルーアン級軽巡洋艦。艦名はフランスの私掠船船長レネ・デュゲトルーアンに由来する。

艦歴[編集]

1922年8月4日起工。1923年8月14日進水。1926年11月2日就役。

1931年、インドシナへの航海をおこなう。

第二次世界大戦開戦後の1939年10月16日にドイツ商船ハレ(Halle)をダカール沖南西200マイルで捕捉、ハレは自沈した。

1940年5月地中海西部へ移動。イタリアの参戦後ドデカネス諸島方面へ出撃などを行った。

フランスの降伏後、エジプトのアレクサンドリアで武装解除され、1940年6月22日からイギリスによって抑留された。その後1943年5月30日に連合軍に加わり再武装された。

1944年8月ドラグーン作戦に参加。9月、戦艦ロレーヌや巡洋艦、駆逐艦と共にフランスのリビエラ海岸を砲撃した。1945年4月、英仏の巡洋艦や駆逐艦と共にリビエラを砲撃。

戦後はインドシナに派遣された。1952年3月19日に退役した。