ジャンヌ・ダルク (軽巡洋艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Jeanne d'Arc School Cruiser at Vancouver 4.jpg
竣工時の本艦
艦歴
発注 サン・ナゼール造船所
起工 1928年9月
進水 1930年2月14日
就役 1931年10月
退役
その後
除籍 1964年7月
前級 プリュトン
次級 エミール・ベルタン
性能諸元
排水量 基準:6,496トン
満載:8,960トン
全長 170.0m
水線長 160.0m
全幅 17.7m
吃水 6.4m
機関 ペノエ式重油専焼水管缶4基
+パーソンズギヤードタービン2基2軸推進
最大出力 32,500hp
最大速力 25ノット
27.8ノット(公試)
航続距離 14.5ノット/5,000海里
燃料 重油:1,400トン
乗員 505名+(士官候補生:156名、指導士官:20名)
648名(戦時)
兵装 15.5cm(55口径)連装速射砲4基
7.5cm(60口径)単装高角砲8基
37mm(50口径)連装機関砲2基
13.2mm(76口径)単装機銃12丁
55cm水上魚雷発射管単装2基
装甲 舷側:-mm
甲板:-mm
ボックス・シタデル:20mm
主砲塔:30mm(前盾)、-mm(側盾)、-mm(後盾)、-mm(天蓋)
バーベット部:30mm
司令塔:30mm
艦載機 水上機2機、カタパルト1基

ジャンヌ・ダルク (Croiseur-École Jeanne D'Arc) は、フランス海軍1926年度海軍整備計画において、第二次世界大戦前に建造した練習巡洋艦である。 艦名は「オルレアンの乙女」(la Pucelle d'Orléans)の異名を持つジャンヌ・ダルクに因む。 ここでは1931年から就役を開始した巡洋艦の艦名として2代目のジャンヌ・ダルク型練習巡洋艦について述べる。1902年に就役を開始した初代についてはジャンヌ・ダルク (装甲巡洋艦)を参照。

コンセプト[編集]

本艦の竣工までフランス海軍にはいわゆる「練習巡洋艦」と呼ばれる艦種は存在せず。士官候補生の遠洋航海訓練には装甲巡洋艦を使用していた。しかし、第一次世界大戦船団護衛任務で酷使された装甲巡洋艦は老朽化が目立っていたため、ここにフランス海軍は新たに練習巡洋艦を建造することとしたのである。

本艦の設計は機雷敷設任務に特化した「プリュトン」よりも、本格軽巡洋艦として建造された「デュゲイ・トルーアン級軽巡洋艦」をタイプ・シップに採り、魚雷兵装を減じて、浮いた重量を士官候補生と訓練士官の居住施設や授業用の教室区画に充てた。さらに6,000トン台の小型の船体を有効活用すべき舷側の開口部には二層式のプロムナード・デッキを設けている。

艦形について[編集]

本艦の艦形図。

船体型式は「デュゲイ・トルーアン級軽巡洋艦」と同じく船首楼型で、水面から甲板までの乾舷は高く、本艦の凌波性能が高いことをうかがわせる。軽くシア(傾斜)の付いた艦首甲板から「1920年型15.5cm(55口径)砲」を連装砲塔に納め、1・2番主砲塔を背負い式で2基、箱型艦橋を基部に持つ軽量な三脚檣、シフト機関配置のため間隔の空いた二本煙突の中間点に艦載艇の揚収クレーンがあり、周りは艦載艇置き場となっていた。

2番煙突の背後には水上機2基が置かれ、簡便な単脚後檣の基部に2対のジブ・クレーンにより艦載機は水面に下ろされて運用された。後檣の背後に主砲塔二基を後ろ向きで背負い式に配置した。舷側には上下二列に丸い舷窓が並ぶが、これは酷暑の植民地で乗員が熱射病にやられないように通風を考えてのことである。

左右の舷側甲板には「1922年型 7.5cm(60口径)高角砲」を単装砲型式で左右2基ずつ計4基装備する。また、雷装としてプロムナード・デッキ下層の舷側に55cm単装水上魚雷発射管を片舷2基ずつの計2基2門を配置した。

主砲、高角砲、その他備砲について[編集]

主砲は新設計の「1920年型15.5cm(55口径)砲」を採用した。砲身は当時の最新技術である自緊砲身を採用し、製造にいち早く成功した。砲の旋回・俯仰動力はフランス軍艦伝統の電動方式を採用したが、1927年に射撃方位盤が取り付けられ、方位盤管制による効果的な射撃が可能になった。

他に、対空砲として「1922年型 7.5cm(60口径)高角砲」が採用された。この砲は長命で続く「シュフラン級」と戦利巡洋艦にも搭載された。他にはオチキス社製37mm(50口径)連装機関砲2基と13.2mm(76口径)機銃が12丁が載せられている。対空武装が大人しめだが、設計当時はまだ航空機攻撃が確立されていなかったからである。

なお、1940年に「自由フランス軍」に編入された折に対空火力が増備され、ボフォース 40mm(56口径)単装機関砲6基とエリコン20mm(70口径)単装機銃20丁と連合国製対空レーダーにより射撃管制され、飛躍的な対空火力を持つ事になった。

艦体[編集]

艦体は艦首構造に高速航行に適したクリッパー・バウを採用しており、艦首から艦橋部までが1段高い船首楼型を採用しているが、これは波の荒い北大西洋インド洋での長距離作戦航海を考慮した為であり、凌波性能と航行性能では6,000トン級の船体で他国の1万トン級の艦と同等の性能を持っていた。

しかし、本艦は練習巡洋艦任務で使用すべく舷側装甲は無きに等しく、甲板防御に20mmの装甲を張り、弾火薬庫や舵機室など主要防御部に「ボックス・シタデル」と呼ばれる20mm装甲板で囲む軽防御方式を採っている。その代り、フランス軍艦伝統の対応防御方式を強化して、機関区画への縦隔壁と細分化された水密区画により水線下触雷時の浸水被害の局限化を図っていた。しかし、高い乾舷は荒天時の航海で横風をはらむ危険性を持っており、風の影響を受けやすかった。

機関配置[編集]

缶室・機関分離配置も「デュゲイ・トルーアン級軽巡洋艦」と同様である。主缶にはペノエ式重油専焼水管缶4基を採用し、主機関にはパーソンズ式ギヤード・タービン2基を組み合わせた結果、公試において最大出力32,500馬力、速力27.8ノットを発揮し、抵抗の少ない船体により常時23ノットで高速巡航する事ができた。

安定性の高いボイラーとオーソドックスなギヤード・タービンにより機関の信頼性はこの時代の巡洋艦として高く、航続性能も当時として高速な14.5ノットで5,000海里とまずまずの出来であった。

その他[編集]

この頃からフランス巡洋艦は竣工時から水上機運用能力を持つようになり、唯一運用能力を持たないのは機雷敷設巡洋艦「プリュトン」くらいである。水上機2機を運用した。なお、これらの装備は1943年頃から撤去され、対空設備を増備するためのスペースに充てられた。

参考図書[編集]

  • 「世界の艦船増刊第50集 フランス巡洋艦史」(海人社)
  • 「世界の艦船増刊第17集 第2次大戦のフランス軍艦」(海人社)
  • 「世界の艦船増刊 2010年10月増刊 近代巡洋艦史」(海人社)
  • 「Conway All The World's Fightingships 1922-1946」(Conway)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]