デジタル教科書協議会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

デジタル教科書協議会(でじたるきょうかしょきょうぎかい、略称:DiTT)は、義務教育課程でデジタル教科書を全学生が持つことを実現するために設立された団体である。[1]

概要[編集]

2010年中村伊知哉孫正義小宮山宏らが発起人となって設立。

脚注[編集]

  1. ^ [1]

外部リンク[編集]