ディック・バヴェッタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Dick Bavetta
ディック・バヴェッタ
生誕 1939年12月10日(75歳)
ニューヨーク州ブルックリン[1]
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
別名 背番号27
職業 NBAレフェリー
著名な実績 [2][2][3]

ディック・バヴェッタ(Dick Bavetta, 1939年12月10日 -)は、NBAのレフェリー(審判員)[4]アメリカ合衆国ニューヨーク州ブルックリン出身。"背番号は27番"。1975年から務め、予定された試合を1試合も欠かさずに審判を続けており、彼の審判した試合数はリーグ記録である。2013年4月12日のワシントンでの試合で、連続2600試合を記録し、まさにレフェリーの鉄人である。

経歴[編集]

若齢期[編集]

バヴェッタは、1939年12月10日、ブルックリン近隣住区で生まれた。父親はニューヨーク市警察警官で、母は主婦であった。[2]カトリック系のハイスクールであるパワーメモリアルアカデミー(ジャバーも同校出身)に通い 1962年 聖フランシス大学を卒業した。 [1]在学中はの学校のバスケットボールチームでプレーした。[5] その後、ABAレフェリーを務めていた兄のジョーに倣って審判のキャリアを開始した。[5] ウォール街ソロモン・ブラザーズに務めるMBAブローカー、 バヴェッタは、ニューヨークのダウンタウンでブローカー達によって行われていたウォール街リーグの審判を務めた。その後、10年間パブリックやカトリック系のハイスクールで審判員を務めたのち[5]、9年間、後のCBAとなる東部のプロリーグで審判を務めた[1]

その他[編集]

  • Inducted into the New York City Catholic High School Hall of Fame on June 1, 2000[1]
  • Received the National Pro-Am Lifetime Achievement Award on October 14, 2002[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e Dick Bavetta #27”. National Basketball Referees Association. 2007年7月28日閲覧。
  2. ^ a b c Cullen, Christopher (2008年3月). “Dick Bavetta” (PDF). pp. 3–8. オリジナル2009年5月25日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20090525001406/http://www.probasketballrefs.com/Portals/0/Documents/PDF/Dick%20Bavetta%20Bio%20PDF%203.pdf 
  3. ^ “Person of the Week: Dick Bavetta”. ABC News. (2006年2月10日). http://abcnews.go.com/WNT/PersonOfWeek/story?id=1604661&page=1 2007年7月28日閲覧。 
  4. ^ Dick Bavetta--basketball-refs.com
  5. ^ a b c DuPree, David (2004年2月19日). “Bavetta proves he's officially capable”. USA Today. http://www.usatoday.com/sports/basketball/nba/2004-02-19-bavetta_x.htm 2007年7月28日閲覧。 

外部リンク[編集]