テネリフェ・トラム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
テネリフェ・トラム
Tranvía de Tenerife2.jpg
概要
種別 路面電車
所在地 スペインカナリア諸島州テネリフェ島
サンタ・クルスを中心とする都市圏
駅数 27駅
1日の乗客数 50,000
運営
開業 2007年6月
所有者 メトロポリターノ・デ・テネリフェ
(80%はテネリフェ市議会)
運営者 トランビア
路線図
Map of the Tranvía de Tenerife.png
テンプレートを表示
テネリフェ・トラム
KBHFa
0,0 サンタ・クルス
インテルカンビアドール停留場
所要時間
HST
フンダション停留場 3分
HST
テアトロ・ギメラー停留場 4分
HST
ウェイラー停留場 6分
HST
ラ・パス停留場 8分
HST
プエンテ・スリータ停留場 10分
HST
クルス・デル・セニョール停留場 12分
HST
コンセルバトリオ停留場 14分
HST
チミサイ停留場 15分
HST
プリンシペス・デ・エスパーニャ停留場 17分
HST
オスピタル・ラ・カレンダリア停留場 19分
BRÜCKE1
高速道路TF5号線
HST
タコ停留場 20分
ABZg+r
2号線
ABZgl+l
Tram depot
HST
エル・カルドナル停留場 23分
TUNNEL2
高速道路TF5号線
HST
オスピタル・ウニベルシタリオ停留場 24分
ABZgr+r
2号線
HST
ラス・マンテカス停留場 27分
HST
カンプス・グアハーラ停留場 29分
HST
グラシア停留場 30分
HST
ムセオ・デ・ラ・シエンシア停留場 32分
HST
クルス・デ・ピエドラ停留場 33分
HST
パードレ・アンチエータ停留場 36分
KBHFe
12,5 ラ・トリニダ停留場
ラ・ラグーナ
37min

テネリフェ・トラム(スペイン語: Tranvía de Tenerife, 英語: Tenerife Tram)は、スペインカナリア諸島州テネリフェ島サンタ・クルスを中心とするサンタ・クルス都市圏で運行されている路面電車。テネリフェ市議会が80%の株式を保有するメトロポリターノ・デ・テネリフェ株式会社によって運行されている。2007年6月に1号線が、2009年に2号線が運行を開始した。1号線と2号線はオスピタル・ウニベルシタリオ停留場(大学病院停留場)とエル・カルドナル停留場で接続している。カナリア諸島で運行されている唯一のトラムである。

歴史[編集]

かつての路面電車[編集]

テネリフェ・トラムが運行を開始する前にもテネリフェ島には路面電車が存在した。この路面電車は技師で軍人のフリオ・セルベーラ・バビエラによって設計され、1901年4月7日に運行を開始してサンタ・クルスラ・ラグーナを結び、1904年には路線がタコロンテまで延伸された。1927年には経営難を理由にテネリフェ市議会が運営会社の指揮を執った。この路面電車は問題や事故の連続、自動車やバスとの競争激化などの理由により、1951年に運行を休止した。

テネリフェ・トラム[編集]

トラムとバスの競合についての政治的な議論が続いた後、結局トラムの建設に対して3億600万ユーロの予算が承認された[1]。テネリフェ島第1の都市で州都でもあるサンタ・クルスと、テネリフェ島第2の都市で文化的な中心地であるラ・ラグーナを結び、2004年に建設が開始された。2005年12月には、車両製造者のアルストム社が試運転を行うのに十分な600mの線路がラ・クエスタのラ・ラグーナ大学病院近くに完成した。2006年8月には発注していた20編成の最後の編成が引き渡された。建設段階は1号線の運行開始日である2007年6月2日に公式に終了した。その週末から次の日曜日まではすべての乗客に無料で開放され、その後有料運行が導入された[2]

車両[編集]

車両はアルストム社のシタディス302型のみを使用している。この車両は超低床型車両であり、マドリード・メトロパルマ・メトロバルセロナ・メトロのトランバイクス線とトラムベソス線に使用されている。設計時の最高速度は70km/h、架線方式は750V直流である。5車体連結であり、末端部の運転車両2車体が客車・動力車3車体を挟んでいる。

路線[編集]

1号線[編集]

サンタ・クルスラ・ラグーナの両市街地を結ぶ1号線は延長距離12.5kmに21停留場があり、サンタ・クルス都市圏で1日平均46,000人を輸送する。定員200人(60座席)の車両20編成が使用され、本来の最高速度は70km/hであるが、安全のために50km/hで運行されている。オスピタル・ウニベルシタリオ停留場(大学病院停留場)とエル・カルドナル停留場で2号線と乗り換えができる。2011年1月、パドレ・アンチエタ停留場はトリニダ通りからラ・ラグーナの交通ターミナルがある現在地に移転した。移転には900,000ユーロの費用がかかった[3]。現在の終点であるトリニダ停留場からテネリフェ・ノルテ空港に向かう延伸計画がある。その際にはサン・アントニオ停留場、サン・ラサーロ停留場(パーク&ライド)、ロス・ロデオス=TFN停留場、空港停留場の4停留場が新設される予定である。

Line 1
停留場 乗換 備考
インテルカンビアドール停留場 サンタ・クルス側のターミナル駅[4]
フンダション停留場
テアトロ・ギメラー停留場
ウェイラー停留場
ラ・パス停留場
プエンテ・スリータ停留場
クルス・デル・セニョール停留場
コンセルバトリオ停留場
チミサイ停留場
プリンシペス・デ・エスパーニャ停留場
オスピタル・ラ・カンデラリア停留場
タコ停留場 Tranvía de Tenerife - L1 route symbol.svg -
エル・カルドナル停留場 Tranvía de Tenerife - L2 route symbol.svg
オスピタル・ウニベルシタリオ停留場 Tranvía de Tenerife - L2 route symbol.svg
ラス・マンテカス停留場
カンプス・グアハーラ停留場
グラシア停留場
ムセオ・デ・ラ・シエンシア停留場
クルス・デ・ピエドラ停留場
パードレ・アンチエータ停留場
トリニダ停留場 ラ・ラグーナ側のターミナル駅。

2号線[編集]

2009年5月30日にラ・クエスタ停留場とティンセル停留場を結ぶ2号線が開業した。オスピタル・ウニベルシタリオ停留場(大学病院停留場)とエル・カルドナル停留場で1号線と乗り換えができる。大きな人口を持つ南西部のラ・ガジェガ地区までの延伸が計画されている。

Line 2
停留場 乗換 備考
ラ・クエスタ停留場
インヘニエーロス停留場
オスピタル・ウニベルシタリオ停留場 Tranvía de Tenerife - L1 route symbol.svg
エル・カルドナル停留場 Tranvía de Tenerife - L1 route symbol.svg
サン・ヘロニモ停留場
ティンセル停留場

3号線[編集]

サンタ・クルスの海岸に沿って走る3号線の建設が期待されている[5]

乗車料金[編集]

自動券売機

テネリフェ島議会、TITSA、テネリフェ都市圏の3者は、トラムとバスを完全に一貫した輸送システムと位置付けており、どちらの交通手段を選択しても乗車料金はまったく同じである[6]。基本価格は片道1.35ユーロ、往復2.50ユーロだが、ボノビアと呼ばれる交通カード(プリペイドカード)を使用すれば1乗車あたりの料金が割安になる。ボノビアは15ユーロ分、30ユーロ分、学割15ユーロ分の3種類が販売されている。

切符(2012年8月1日時点) 価格 1乗車あたり
料金
片道 1.35 ユーロ
往復 2.50 ユーロ
ボノビア15ユーロ 15.00 ユーロ 1.05 ユーロ
ボノビア30ユーロ 30.00 ユーロ 1.05 ユーロ
ボノビア学割 15.00 ユーロ 0.80 ユーロ
1か月定期
(都市圏内では乗車回数制限なし)
48.00 ユーロ -
2路線乗り継ぎ 0.35 ユーロ -
低所得者・年金受給者・
身体障害者割引
6.50 ユーロ 0.10 ユーロ
大家族/団体割引
(6人以上)
40.00 ユーロ 0.80 ユーロ

脚注[編集]

  1. ^ Historia del tranvía Archived 2009年9月20日, at the Wayback Machine. Página 11、2010年4月18日
  2. ^ Tenerife ya puede montarse en el Tranvía Archived 2011年7月8日, at the Wayback Machine.Canarias 24 Horas、2007年6月2日
  3. ^ El traslado de la parada del tranvía cuesta 900.000 eurosOpinion、2011年1月18日
  4. ^ 長距離バスターミナルや大規模駐車場があるテネリフェ交通ターミナルが西側に隣接している。トレス・デ・サンタ・クルスアウディトリオ・デ・テネリフェ(テネリフェ公会堂)の最寄り停留場である。
  5. ^ Línea 3 del tranvíaOpinion、2009年12月2日
  6. ^ Tipos de billetes y tarifasメトロ・テネリフェ公式サイト

外部リンク[編集]