テスラ エジソンが恐れた天才

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
テスラ エジソンが恐れた天才
Tesla
監督 マイケル・アルメレイダ
脚本 マイケル・アルメレイダ
製作 マイケル・アルメレイダ
クリスタ・キャンベル
パー・メリータ
アイゼン・ロビンズ
ユーリ・シンガー英語版
製作総指揮 マイラ・アウアド
リー・ブローダ
ジェフリー・グリーンスタイン
アヴィ・ラーナー
ラティ・グロブマン英語版
ジェフ・ガム
イライジャ・ロング英語版
ジェフ・ライス
マリオ・ピエショト
トレヴァー・ショート
ロバート・ヴァン・ノーデン
ジョナサン・ヤンガー
ドロン・ウェバー
ナレーター イヴ・ヒューソン
出演者 イーサン・ホーク
カイル・マクラクラン
イヴ・ヒューソン
ジム・ガフィガン英語版
音楽 ジョン・パエザーノ英語版
撮影 ショーン・プライス・ウィリアムズ英語版
編集 キャスリン・J・シューベルト
製作会社 パッセージ・ピクチャーズ
イントリンシック・ヴァリュー・フィルムズ
ジェフ・ライス・フィルムズ
ミレニアム・メディア
キャンベル・グロブマン・フィルムズ英語版
配給 アメリカ合衆国の旗 IFCフィルムズ英語版
日本の旗 ショウゲート
公開 アメリカ合衆国の旗 2020年8月21日
日本の旗 2021年3月26日
上映時間 103分[1]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 (正確には旗ではありません)世界の旗 $362,993[2]
テンプレートを表示

テスラ エジソンが恐れた天才』(テスラ エジソンがおそれたてんさい、Tesla)は2020年アメリカ合衆国伝記映画。監督はマイケル・アルメレイダ、出演はイーサン・ホークカイル・マクラクランなど。 電流戦争エジソンに勝利した天才発明家ニコラ・テスラの生涯を描いている。

ストーリー[編集]

1884年ニコラ・テスラは雇い主のトーマス・エジソンと対立して職を辞すことになった。エジソンが直流方式での送電システムを構築しようとしたのに対し、テスラが交流方式を採用すべきだと主張したことが対立の原因であった。両者の対立は電流戦争へと発展し、最終的にはテスラが勝利を収めた。しかし、その勝利がテスラに栄達をもたらすことはなく、発明のための資金調達に苦心する日々が晩年まで続いた。

本作はテスラに惚れたこともある令嬢、アン・モルガン英語版の語りを通して、「天才肌の発明家」と賞されるテスラの実像を描き出していく。

キャスト[編集]

製作[編集]

マイケル・アルメレイダは本作の脚本を1980年代初頭に書き上げ、1983年には映画化の話が持ち上がった。ところが、ドゥシャン・マカヴェイエフデヴィッド・リンチのような大物映画監督が関心を示したにも拘らず、一向に製作にこぎ着けることができなかった[3]

事態が動き始めたのは、脚本完成から30年以上が経過した2018年のことであった。2月12日、イーサン・ホークが本作の主演に迎えられたと報じられた[4]2019年11月11日、ジョン・パエザーノが本作で使用される楽曲を手がけるとの報道があった[5]。2020年8月21日、本作のサウンドトラックが発売された[6]

公開・興行収入[編集]

2020年1月27日、本作はサンダンス映画祭でプレミア上映された[7]。4月6日、IFCフィルムズが本作の全米配給権を獲得したと報じられた[8]。7月10日、本作のオフィシャル・トレイラーが公開された[9]。8月21日、本作は全米108館で封切られ、公開初週末に4万2165ドルを稼ぎ出し、週末興行収入ランキング初登場14位となった[10]

評価[編集]

本作に対する批評家の評価は平凡なものに留まっている。映画批評集積サイトのRotten Tomatoesには165件のレビューがあり、批評家支持率は59%、平均点は10点満点で5.9点となっている。サイト側による批評家の見解の要約は「『テスラ エジソンが恐れた天才』は大胆かつ野心的な作品であるが、リスキーな挑戦の全てが成功しているわけではない。しかし、イーサン・ホークの演技を堪能できることを思えば、そうした欠点にも寛容になれるだろう。」となっている[11]。また、Metacriticには30件のレビューがあり、加重平均値は67/100となっている[12]

出典[編集]

  1. ^ テスラ エジソンが恐れた天才”. 映画.com. 2020年12月26日閲覧。
  2. ^ Tesla (2020)” (英語). The Numbers. 2020年12月26日閲覧。
  3. ^ Grobar, Matt (2020年1月30日). “‘Tesla’ Director Michael Almereyda Talks Passion Project 37 Years In The Making — Sundance Studio” (英語). Deadline.com. https://deadline.com/video/tesla-ethan-hawke-michael-almereyda-sundance-interview-news/ 2020年12月26日閲覧。 
  4. ^ Ritman, Alex (2018年2月12日). “Ethan Hawke to Play Nikola Tesla in Biopic” (英語). The Hollywood Reporter. https://www.hollywoodreporter.com/news/ethan-hawke-play-nikola-tesla-biopic-1083742 2020年12月26日閲覧。 
  5. ^ “John Paesano to Score Michael Almereyda’s ‘Tesla’” (英語). Film Music Reporter. (2019年11月11日). https://filmmusicreporter.com/2019/11/11/john-paesano-to-score-michael-almereydas-tesla/ 2020年12月26日閲覧。 
  6. ^ “‘Tesla’ Soundtrack Album Released” (英語). Film Music Reporter. (2020年8月21日). https://filmmusicreporter.com/2020/08/21/tesla-soundtrack-album-released/ 2020年12月26日閲覧。 
  7. ^ Siegel, Tatiana (2019年12月4日). “Sundance Unveils Female-Powered Lineup Featuring Taylor Swift, Gloria Steinem, Abortion Road Trip Drama” (英語). The Hollywood Reporter. https://www.hollywoodreporter.com/news/sundance-2020-unveils-female-powered-lineup-taylor-swift-gloria-steinem-films-1259538 2020年12月26日閲覧。 
  8. ^ Lang, Brent (2020年4月6日). “IFC Films Buys Ethan Hawke Drama ‘Tesla’ (EXCLUSIVE)” (英語). Variety. https://variety.com/2020/film/markets-festivals/ethan-hawke-tesla-ifc-films-sundance-1234571791/ 2020年12月26日閲覧。 
  9. ^ Tesla - Official Trailer HD IFC Films” (英語). YouTube. IFC Films (2020年7月10日). 2020年12月26日閲覧。
  10. ^ Domestic 2020 Weekend 34 / August 21-23, 2020” (英語). Box Office Mojo. 2020年12月26日閲覧。
  11. ^ Tesla (2020)” (英語). Rotten Tomatoes. 2020年12月26日閲覧。
  12. ^ Tesla Reviews” (英語). Metacritic. 2020年12月26日閲覧。

外部リンク[編集]