テウデリク4世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
テウデリク4世
Theuderic IV
フランク王
Portrait Roi de france Thierri II (i.e. IV).jpg
在位 721年 - 737年
出生 711年
死去 737年
王朝 メロヴィング朝
父親 ダゴベルト3世
テンプレートを表示

テウデリク4世(Theuderic IV、またはTheuderich, Theoderic, Theodoric, 711年 - 737年)は、メロヴィング朝の13代目の国王(在位:721年 - 737年)。フランス語名でティエリーとも呼ばれる。

生涯[編集]

ダゴベルト3世の息子で、721年にキルペリク2世が死去した後、宮宰カール・マルテルにより王位につけられた[1]。しかし、カール・マルテルに実権を握られ、名ばかりの王であった[1]。737年にテウデリクは死去したが、743年にキルデリク3世が宮宰カールマンピピン3世の兄弟により王に擁立されるまでフランク王位は空位のままで[2]、宮宰による統治が行われた。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b ル・ジャン、p. 37
  2. ^ 柴田 他、p. 156

参考文献[編集]

  • レジーヌ・ル・ジャン 『メロヴィング朝』 白水社、2009年
  • 柴田三千雄 他 『世界歴史大系 フランス史1』 山川出版社、1995年

関連項目[編集]

先代:
キルペリク2世
フランク
13代
721年 - 737年
次代:
キルデリク3世