テイスパス (アルメニア神話)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Teishebaの壁画. Erebouni Fortress Museum: Yerevan, Armenia

テイスパスTheispasもしくはTeisheba、Teišeba)はクメヌで信仰されたアルメニア神話における天候の神で、嵐と雷を司るとされており、時には戦争の神ともなる。ハルディシヴィニと共に、ウラルトゥの三大最高神と崇められた。古代アララトの街、テイセバ(Teyseba)とテイシェバイニ(Teishebaini)の由来元。アッシリア神話におけるアダドヒンドゥー教インドラおよびフルリ神話テシャブに相当する。多くの場合は雄牛の上に立つ、稲妻を握った成人男性として描かれる。配偶神はフルリ神話の女神であるヘバトに相当するフバである。[1]

脚注[編集]

  1. ^ Piotrovsky, Boris B. (1969). The Ancient Civilization of Urartu: An Archaeological Adventure. Cowles Book Co.. ISBN 0-214-66793-6.