ティーネ・ティング・ヘルセット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ティーネ・ティング・ヘルセット
Tine Thing Helseth 02.jpg
ヘルセット(2008年)
基本情報
生誕 (1987-08-18) 1987年8月18日(34歳)
出身地 ノルウェー、オスロ
学歴 Barratt Due Institute of Music
Norwegian Academy of Music
ジャンル クラシック音楽
職業 ソロ・トランペット奏者
担当楽器 トランペット
レーベル Simax
EMI Classics
公式サイト www.tinethinghelseth.com
著名使用楽器
B♭:Bach Stradivarius 37
C:Yamaha YTR-9445CHS - Chicago
Eb/D:Schilke
Piccolo:Yamaha Custom Bb/A、Schagerl
マウスピース:Bach 1 1/4 C、Bach 7D (Piccolo) [1][2]

ティーネ・ティング・ヘルセットTine Thing Helseth, 1987年8月18日 - )は、ノルウェーオスロ生まれのトランペット奏者。主にクラシック音楽を演奏する。日本では「ティーネ・シング・ヘルセス」と表記されることもある。

概要[編集]

彼女は、現代の主要なソロ・トランペット奏者の1人である。彼女は、7歳からトランペットの演奏を始めた。
ソリストとして、ドレスデン・フィルハーモニー管弦楽団ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団、プラハ放送交響楽団、スーシティー·シンフォニーオーケストラ、ウィーン交響楽団ウィーン室内管弦楽団チューリヒ室内管弦楽団シュトゥットガルト室内管弦楽団アルスター管弦楽団、フィルハーモニア・バーデン・バーデン、ノルウェー国内のメジャー・オーケストラなどと共演した。
2007年オスロでのノーベル賞授賞式のガラコンサートでのオープニングを務める栄誉を担い、その様子は世界中に放送された[3][4]。また、彼女の顕著な能力が認められ、2007年にはノルウェイ・グラミーで「Newcomer of the Year」、2013年には「Echo Klassik Awards」の「Newcomer of the Year」を受賞した。

外部リンク[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ Tine Thing Helseth - BACKSTAGE AT GRIEGHALLEN”. 2015年3月19日閲覧。
  2. ^ Player/horn combinations”. 2015年3月19日閲覧。
  3. ^ IMG Artists - Tine Thing Helseth”. 2014年10月31日閲覧。
  4. ^ HMV - ティーネ・ティング・ヘルセット”. 2014年10月31日閲覧。