ツメクサ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

 

ツメクサ
Sagina japonica.jpg
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 Eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 Core eudicots
: ナデシコ目 Caryophyllales
: ナデシコ科 Caryophyllaceae
: ツメクサ属 Sagina
: ツメクサ S. japonica
学名
Sagina japonica (Sw.) Ohwi
和名
ツメクサ

ツメクサ(Sagina japonica)とは、ナデシコ科 ツメクサ属に属する一年生植物の植物。道端にごく普通に見られる。

特徴[編集]

草丈は5cmから大きくなると15cmになることもあるが、道端などでは1cmに満たない姿で見られることもある。全体に黄緑色から深緑、つやがあるが茎の上部には短粘毛を生じる。茎は下部でよく分枝し、その先の茎は立つか這う。茎には節があって葉を対生する。

葉は線形、長さ8-20mm、幅0.8-1.5mm、先端はとがってその先はさらに針状に突き出す。基部は対になる葉と膜質でつながって短い筒状になる。托葉はない[1]

花は4-7月にかけてつく。経は4mmで、片と白色の花弁が5枚ずつある。おしべは5本で、先端が5裂しためしべが1本ある。果実はほぼ球形で、熟すと先端が5裂して種子が出る。種子は黒色で、経は0.4-0.5mm、表面全体に突起がある。[1]

和名は、鳥の爪のような形状をした葉に由来する説[2]、葉の形を切った爪と見立てたものとする説などがある[1]

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 原色野草観察検索図鑑(1981)
  2. ^ 街でよく見かける雑草や野草がよーくわかる本(2006)

参考文献[編集]