ツェッヒ (小惑星)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ツェッヒ
2623 Zech
仮符号・別名 A919 SA
分類 小惑星
軌道の種類 小惑星帯
発見
発見日 1919年9月22日
発見者 K. ラインムート
軌道要素と性質
元期:2010年7月23日 (JD 2,455,400.5)
軌道長半径 (a) 2.254 AU
近日点距離 (q) 1.725 AU
遠日点距離 (Q) 2.784 AU
離心率 (e) 0.235
公転周期 (P) 3.38 年
軌道傾斜角 (i) 4.06
近日点引数 (ω) 22.63 度
昇交点黄経 (Ω) 349.17 度
平均近点角 (M) 287.66 度
物理的性質
絶対等級 (H) 13.1
Template (ノート 解説) ■Project

ツェッヒ(2623 Zech)は、小惑星帯にある小惑星。1919年9月に、カール・ラインムートハイデルベルクケーニッヒシュトゥール天文台で発見した。

名称[編集]

ドイツ天文学者ゲルト・ツェッヒ(Gert Zech、1941年 - )に因む[1]。ツェッヒは、ハイデルベルクにある天文計算研究所英語版の研究者であり、学術誌 Astronomy and Astrophysics Abstracts の編集者でもある[1]

発見後70年余りにわたって名称が与えられないままであったが、1992年2月の小惑星回報で命名が公表された。この名称は、天文計算研究所のルッツ・D・シュマーデル英語版が提案したもので、この天体の軌道要素を計算したオットー・キッペス英語版も支持した[1]

[編集]

  1. ^ a b c MPC 19692(1992年2月18日)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


前の小惑星:
ボルツァーノ (小惑星)
小惑星
ツェッヒ (小惑星)
次の小惑星:
S・A・ミッチェル (小惑星)