チョ玉璞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
本来の表記は「褚玉璞」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。
褚玉璞
Zhang Zongchang, Chu Yupu and Zhang Xueliang.jpg
左から褚玉璞、張宗昌張学良
プロフィール
出生: 1887年光緒13年)
死去: 1931年民国20年)
中華民国の旗 中華民国(国民政府)山東省膠東
出身地: 清の旗 山東省兗州府汶上県
職業: 軍人
各種表記
繁体字 褚玉璞
簡体字 褚玉璞
拼音 Chǔ Yùpú
和名表記: ちょ ぎょくはく
発音転記: チュー ユープー
ラテン字 Ch'u Yü-p'u
テンプレートを表示

褚 玉璞(ちょ ぎょくはく)は中華民国の軍人。北京政府奉天派に属し、特に山東省を拠点とした張宗昌の配下として活動した。薀山

事跡[編集]

青年期はは緑林の徒として活動した。最初は安徽都督柏文尉の軍に加えられている。しかし、1913年民国2年)に張宗昌配下に転じ、褚玉璞は営長となる。1917年(民国6年)、張が馮国璋から第6混成旅旅長に任命されると、褚はやはり営長として動員された。同年に張が暫編陸軍第1師師長となると、褚は団長に昇進している。

1921年(民国10年)に張宗昌が江西省で軍を喪失しても、褚玉璞はこれに従い、ともに奉天派に加わった。以後、第3混成旅第50団団長、第28混成旅旅長を歴任した。1926年(民国15年)、褚は直魯聯軍第1軍副軍長兼前敵総指揮に任命され、馮玉祥国民軍を撃破している。この時の功績により、直隷軍務督弁兼直隷省長に任命された。しかし、1928年(民国17年)に奉天派が中国国民党北伐軍に敗北すると、張と褚は下野した。

その後も、褚玉璞は張宗昌のために、山東省膠東一帯で活動し再起を図った。しかし1931年(民国20年)、かつての部下であった国民革命軍第21師師長兼山東省政府委員の劉珍年膠東で捕縛され、生埋めの刑に処された。享年45。

参考文献[編集]

  • 来新夏ほか『北洋軍閥史 下冊』南開大学出版社、2000年。ISBN 7-310-01517-7
  • 徐友春主編『民国人物大辞典 増訂版』河北人民出版社、2007年。ISBN 978-7-202-03014-1
  • 劉寿林ほか編『民国職官年表』中華書局、1995年。ISBN 7-101-01320-1
 中華民国の旗 中華民国(北京政府)北京政府
先代:
孫岳
直隷督弁
1926年3月 - 1928年6月
(1927年8月まで署理)
次代:
(廃止)