チョッカクガイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
チョッカクガイ
地質時代
オルドヴィス紀 - 三畳紀
分類
: 動物界 Animalia
: 軟体動物門 Mollusca
: 頭足綱 Cephalopoda
亜綱 : オウムガイ亜綱 Nautiloidea
(四鰓亜綱 Tetrabranchia
: 直角石目オルトセラス目Orthocerida

チョッカクガイ(直角貝)は、オルドビス紀に出現した、直線的な殻を持つ軟体動物門オウムガイ亜綱直角石目頭足類の総称。特に代表的な属である直角石属オルトセラス属Orthoceras)を指す場合もある。オルドビス紀中期の示準化石である。

形態[編集]

チョッカクガイの断面模式図と化石

和名通り、多くの種が殻が長円錐形となっている。チョッカクガイの体長は、代表属のオルトセラス属で15センチメートルほどである。殻の内部は皿状の隔壁で仕切られており、最も口側の部屋が住房、後部は全て気房(右模式図の黄色部分)である[1]。住房からは殻丁部へ向け、連室細管と呼ばれる管が各気房の中央を貫いて伸びる(右図)。また、殻の表面には網状の模様と、隔壁連結部の縫合線が見られる。

また、殻の口の位置に大二枚、小一枚の、いずれも扇形の石灰質の板が出ることがある。この三枚のとがった側を併せると、一枚の楕円形の石灰板となる。これには二つの復元がある。

  • 一枚の楕円板の形で軟体部の上についていて、体を引っ込めたときに蓋になった。
  • 肉体部の中に入っていて、顎として使われた。

軟体部については定説がない。ただし、一部のものでは殻の口の周りにひっかいたような痕跡がある化石が見つかっている。これを触手の跡と判断し、5対の触手があったとする説もある。

系統[編集]

チョッカクガイはオルドビス紀中期からシルル紀中期にかけて繁栄した[1]。現生のオウムガイと形態的な類似点はあるが、チョッカクガイの系統は三畳紀-ジュラ紀ごろに絶滅しており、現生種の直接の祖先ではない[2]。両群の直近の共通祖先はエレスメロセラス目Ellesmerocerida)の頭足類である[3]

種類[編集]

オルトセラスOrthoceras
体長15センチメートルほど。『続 タイムスリップ!恐竜時代 古代の海へ』では体長5メートルに達するものが登場したが、これは以下のカメロケラスかエンドセラスだと思われる。
エンドセラスEndoceras
体長は30センチメートルほどの種だが、中には体長7メートル程にも達した巨大種も見つかっている。
カメロケラス属 Cameroceras
体長10メートルに達する巨大種。オルドビス紀最大の生物である。
Estonioceras
体長は10センチメートルほどで、蜷局を巻いた殻が特徴。深海に生息していたとされる。
Cyrtoceras
体長は12センチメートルほど。殻が緩やかにカーブしている。

注釈・参考文献[編集]

  1. ^ a b 古生物学事典 p224
  2. ^ 古生物学事典 p27-28
  3. ^ 古生物学事典 p28図
  • 『古生物学事典』 日本古生物学会、朝倉書店1991年ISBN 978-4254162325
  • 福田芳正、『古生態図集・海の無脊椎動物』、(1996)、川島書店