チョコバット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

チョコバットは、三立製菓1964年(昭和39年)より販売しているチョコレート菓子で、価格は1本30円(2008年価格改定)。シリーズ含め秋冬限定商品。

初期の包装は、キャンディーの様な、両側がよじってあるタイプ。

概要[編集]

棒状のパン生地にチョコレートをコーティングしたもので、その外観はバットに見立てられる。当たりくじ付きで、パッケージ裏側に「ホームラン」「ヒット」「アウト」のいずれかが印刷されており、ホームランなら1枚、ヒットなら4枚で、チョコバットをもう1本もらえる。クレーンゲームの専用景品[1]パチスロ機の題材になる等の展開も行われている。

シリーズ[編集]

ミニチョコバット
1993年より販売。ミニサイズのチョコバット6本を箱入りにしたもので、個包装はチョコバット歴代のデザインを復刻したものになっている。当たりの景品はオリジナル図書カードで、箱への封入方式になっている。
チョコバット エース(エースバット チョコ)
1996年より販売。2012年度よりチョコバットエースに。菓子自体はチョコバットと同じで価格も1本30円だが、当たりに関して「ホームラン」が「エース」に、「ヒット4枚」が「ストライク3枚」に変更されており、景品も「もう1本」ではなく、当たりをメーカーに郵送することでオリジナルグッズが届く方式になっている。
がんばれチョコバットくん
1999年より販売。当たり付きではないチョコバット11本入りのファミリーパックで、個包装のデザインも簡易なものになっている。

脚注[編集]

  1. ^ 『UFOキャッチャー』景品に新風味の「ミニチョコバット」が追加 電撃オンライン 2007年11月29日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]