チューリッヒ条約

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

チューリッヒ条約(チューリッヒじょうやく、ドイツ語: Frieden von Zürich, フランス語: Traité de Zurich, イタリア語: Pace di Zurigo)は、1859年11月10日に締結された、オーストリア帝国フランス帝国サルデーニャ王国の間の条約[1]。条約はヴィッラフランカの休戦を確認し、第二次イタリア独立戦争を正式に終わらせた。

条約は3つ締結された。

  • 1つ目はフランスとオーストリアの間で締結され、休戦条約の再確認、平和の成立、ロンバルディアのフランスへの割譲が盛り込まれた。
  • 2つ目は条約はフランスとサルデーニャの間で締結され、ロンバルディアがフランスからサルデーニャへ割譲されることを定めた。
  • 3つ目は三国間で結ばれ、オーストリアとサルデーニャの間の和平を定めたものだった。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]