チャーンド・カウル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
チャーンド・カウル
Chand Kaur
シク王国摂政
Chand Kaur.jpg
チャーンド・カウル
在位 1840年 - 1841年
戴冠式 1840年12月2日
別号 マハーラーニー

出生 1802年
ファテーガル
死去 1842年6月11日
ラホール
配偶者 カラク・シング
子女 ナウ・ニハール・シング
王朝 スケルチャキア朝
宗教 シク教
テンプレートを表示

チャーンド・カウル(Chand Kaur, 1802年 - 1842年6月11日)は、北インドパンジャーブ地方シク王国の摂政(在位:1840年 - 1841年)。

生涯[編集]

1812年、のちにシク王国の君主となるカラク・シングの妃となり、1821年3月9日に息子のナウ・ニハール・シングを生んだ。

1840年11月6日、シク王国の君主であった息子のナウ・ニハール・シングが死亡した際、その未亡人サーヒブ・カウルが妊娠していたことで、ランジート・シングの息子シェール・シングを推す声を退け、12月2日にはその摂政として王国を統治することを宣した[1][2]

1841年1月13日、シェール・シングが歩兵25,000、騎兵8,000、大砲45門でラホールを包囲し、チャーンド・カウルは5000の兵とともに籠城を余儀なくされた[3]。結局、1月18日に両者の間で停戦が取り決められ、シェール・シングが王となり、チャーンド・カウルは9万ルピーの年金とともに宮殿で年金生活者となった[4][5]

同年7月にサーヒブ・カウルがナウ・ニハール・シングの息子を出産したが、死産であったため、チャーンド・カウルはその正当性を失うこととなった[6]

1842年6月11日 、チャーンド・カウルはシェール・シングの支持者によって、木製の鉾で頭を砕かれて暗殺された[7]

出典・脚注[編集]

[脚注の使い方]
チャーンド・カウル
  1. ^ Dhian Singh
  2. ^ Women in Power (1840-1870)”. Worldwide Guide to Women in Leadership. 2013年2月6日閲覧。
  3. ^ Dhian Singh
  4. ^ Maharaja Sher Singh (1807 - 1843)
  5. ^ Sher Singh, Maharaja
  6. ^ Chand Kaur, Bhagat Singh, Encyclopaedia of Sikhism, Punjab University, Patiala
  7. ^ Chand Kaur, Bhagat Singh, Encyclopaedia of Sikhism, Punjab University, Patiala

関連項目[編集]