チャールズ・カーネギー (第11代サウスエスク伯爵)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

第11代サウスエスク伯爵チャールズ・アレグザンダー・バナマン・カーネギーCharles Alexander Bannerman Carnegie, 11th Earl of Southesk, KCVO1893年9月23日 - 1992年2月16日)は、イギリススコットランド貴族。妻は初代ファイフ公爵アレグザンダーエドワード7世の第一王女(プリンセス・ロイヤルルイーズの次女モード王女。第3代ファイフ公爵ジェイムズ・カーネギーの父。父親は第10代サウスエスク伯チャールズ・カーネギー1905年以前はチャールズ・カーネギー閣下(The Honourable Charles Carnegie)と名乗り、1905年から1942年までカーネギー卿(Lord Carnegie)と名乗った。

生涯[編集]

チャールズ・アレグザンダー・カーネギーは1893年9月23日にスコットランドエディンバラに生まれた。1905年、父チャールズが第10代伯爵を襲爵すると、カーネギー卿の儀礼称号で呼ばれるようになる。イートン校を卒業した後イギリス陸軍スコッツガーズに入隊。1917年にはインド総督の補佐官として勤務する。

1923年11月23日バッキンガム宮殿近くにあるウェリントン駐屯地英語版の王立軍事教会でモード王女と結婚。モード王女は結婚を機に王女(Princess)と殿下(Highness)の称号を使うのをやめ、カーネギー卿夫人と名乗った。夫婦の間には1929年に息子ジェームズが生まれた。

スコットランドの爵位
先代:
チャールズ・カーネギー
サウスエスク伯爵 次代:
ジェームズ・カーネギー (第3代ファイフ公爵)
以降ファイフ公推定相続人儀礼称号となる