チャーリー永谷

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

チャーリー永谷(チャーリーながたに、1936年2月20日 - )は熊本市二本木生まれのカントリー歌手。本名、永谷正輝[1]

濟々黌高校卒業後、上京して中央大学に進学するが中退。いくつかのバンドの一員として活動する。

1961年に帰熊してカントリーバンド「チャーリー永谷とウェスタン・キャノンボール」を結成。1976年熊本市カントリーミュージック・サルーン「GOOD TIME CHARLIE」を開店。1989年に日本初の野外カントリーミュージックフェスティバル「カントリー・ゴールド」を立ち上げる。

カントリーゴールド「COUNTRY GOLD」[編集]

  • 毎年10月第3日曜日阿蘇の雄大な自然に囲まれて、南阿蘇村の野外劇場「アスペクタ(ASPECTA)」で行われる国内最大級のカントリーミュージックフェスティバル。チャーリー永谷が総合プロデュースしている。
  • 開催当日は「約束の日」と呼び習わされ、毎年この日になると、この音楽祭を心待ちにしているファンが全国から南阿蘇に集結する。この日ばかりはカントリールックに身を包み、ステージの前でカントリーダンスに興じるのを楽しみにしているというファンも多い。
  • 毎年、チャーリー永谷のバンドの他、本場アメリカのカントリーミュージシャンが来日し、ステージに立っている。
  • アスペクタを所有する熊本県財政悪化のあおりをうけて、2003年12月、県はアスペクタ撤去の方針を明らかにし、カントリーゴールドの継続も危機に陥った。しかしアスペクタ存続を願う署名運動や、「文化人によるアスペクタ存続を願うネットワークの会」の活動など熱心な存続運動を受け、県も方針を転換。3年間(2006年度まで)のアスペクタの存続が決定した。しかし、その後については未定となっており、アスペクタの存続、そして「カントリーゴールド」の将来については、依然として予断を許さない。
  • しかし、2007年度から熊本県の直接運営から指定管理者へ管理運営が移管され、利用の活発化、活性化が期待される。
  • 来場者数・スポンサー企業・出店の伸び悩みのため、カントリーゴールド実行委員会の運営費の問題が懸念されており、その対処としてTV放送を民放に委託したこともあったが、演出への介入を恐れてNHKでの放送が継続されている。また、スポンサー企業・出店企業のみへ配布されていた無料入場券が、2008年には不正にヤフオク!に出品されるという問題が起こり、今後のチケット収入への影響も考えられる。2008年から日本のカントリーバンドの出演を始め、2009年からは日本人出演者を増やす代わりにアメリカからの出演者を少なくする施策も行われているが、カントリーゴールド本来の魅力が低下するのでは、という不安も生まれた。さらに2016年に発生した熊本地震では開催が心配だったが無事に開催された。

海外における評価[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.514

外部リンク[編集]