チャンプロード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

チャンプロード』とは、株式会社笠倉出版社出版している暴走族向け自動車雑誌オートバイ雑誌キャッチフレーズは「皆んなが主役だ!! BARI×2チューニングMAGAZINE」。1987年創刊。

概要[編集]

当初は『劇画麻雀時代』の雑誌コードを利用した増刊号扱いで発行され、1987年9月号として創刊された。主に暴走族(2000年代以降は旧車會)の活動実態を取り上げているほか、犯罪・暴走行為によって摘発されて少年院に収容された経験を持つの手記や、刺青師を取材した記事、仲間と撮った中学、高校の卒業写真や引退式の写真を自慢するコーナー、バイクの改造・整備を題材とした連載漫画、様々な読者から寄せられた手記をもとにした連載漫画などを掲載している。イメージキャラクターは「暴ヤン君」、それ以前のイメージキャラクターは「チャンプロードラゴン」であった。

誌面のほとんどを読者投稿による文章・写真が占め、編集部の独自企画による記事はほぼゼロに近い(読者投稿の補足取材を行う程度)。こうした誌面構成から毎号約250ページ程度のページ数がありながら、2012年時点での編集体制は、編集長と3人の編集部員、4人の外部ライターまで含めても総勢8人という状況で雑誌を編集している[1]

掲載されている広告は改造パーツや衣装(主に改造制服特攻服)の販売店や刺青師、ホストクラブの求人や出会い系サイト精力剤の広告など本文の内容に関連するものが目立つ。そのため、現役暴走族[2]ヤンキー、元ヤンキーを主たる読者とする雑誌と位置づけられているが、当然ヤンキー(不良少年)以外の読者もいる。社会学的な研究対象としての用途は一定数ある。

しかし近年ではヤンキー(不良少年)の減少やスタイルの変化、暴走族の高齢化など、この雑誌を取り巻く環境は変化している。一方でヤンキーに憧れる小学生・中学生からの投稿が増加しており、その影響で暴走族をまねた改造自転車チームなどを取り上げるケースも増えてきている[1]。最近は巻頭で旧車會のチームを紹介する事が多い。サーキットでのイベントも開催している。

ディースリー・パブリッシャーから発売のレースゲーム『族車キング』シリーズの制作に協力している。

かつては『ライダーコミック』(辰巳出版)、『ヤングオート』(芸文社)、『ティーンズロード』(ミリオン出版)等のライバル雑誌も存在した。

創刊号から国立国会図書館納本されているため閲覧が可能であるが、増刊号は一部を除き多くは蔵書されていない。また出版元の笠倉出版社にも全ては保管されていない[要出典]

本誌の増刊号として、長期連載漫画作品の一つである「青春交差点」の特別編集号、『月刊ヤンママコミック』、『U-BOY-遊ボーイ』、『俺たち皆んな街道レーサー』、『グランドチャンプロード』、『グラチャン』、『ジュニアチャンプロード』、『我ら旧単車會』、『旧車會チャンプ』、『旧車會HYPERチャンプ』、『旧車會チャンプFANTASTIC』などがあり、紙媒体の他にチャンプロード特別編集のビデオシリーズも存在した。現在でも主に旧車會を扱ったDVDを製作、発売している。

なお、2016年11月26日発売号をもって「休刊」することが発表された[3]

有害指定[編集]

出版社の公式な見解はともあれ、犯罪行為を推奨したり、犯罪行為の当事者となった人を賞賛したりするような記述も、チャンプロードには含まれている。ただし、発行販売は、特に支障なく行われている。日本国憲法が保障している言論の自由を理解するにあたっての具体例として捉えられることもある[誰によって?]。その一方で、2007年4月に静岡県において静岡県青少年のための良好な環境整備に関する条例に基づく有害図書類と指定される[4]。また、秋田県[5]福島県[6]茨城県[7]愛知県[8]においても有害図書に指定されている。

配信[編集]

2017年1月25日、ゲームアプリ「暴走列伝 単車の虎」内にて、チャンプロード紙面企画を「チャンプロード×単車の虎」として無料配信を開始[9]

編集部ビル泥棒・放火事件[編集]

1997年2月13日未明に編集部の入っているビルに泥棒が入り、窃盗被害は無いものの犯人の放火によりビル3階部分が全焼、4階の編集部もススまみれになったため一時編集部を引っ越すという事件があった。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『アイドル潜入捜査』(MONDO TV)第5回
  2. ^ “暴走族を自滅させた6つの掟,総長らが憧れた硬派な姿とは(2/4ページ)”. 産経ニュース (MSN). (2012年11月3日). https://web.archive.org/web/20131127174846/http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/121103/crm12110318000004-n3.htm 2013年11月27日閲覧。 インターネットアーカイブ
  3. ^ ヤンキーのバイブル「チャンプロード」11月26日発売号で休刊へ 29年の歴史に幕 - ねとらぼ
  4. ^ 静岡県告示第517号 (PDF) 」『静岡県公報』第1872号、2007年4月13日、970頁。
  5. ^ 秋田県告示第38号 (PDF) 」『秋田県公報』第1945号、2008年1月18日、2頁。
  6. ^ 福島県告示第709号 (PDF) 」『福島県報』第1922号、2007年10月26日、717-8頁。
  7. ^ 茨城県告示第241号 (PDF) 」『茨城県報』第1753号、2006年3月6日、1-2頁。
  8. ^ 愛知県「第2部会長専決処分結果(平成15年11月8日~平成16年7月13日) (PDF)
  9. ^ “伝説のヤンキー雑誌『チャンプロード』復活! アプリ「単車の虎」で無料配信”. KAI-YOU.net. (2017年1月25日). http://kai-you.net/article/37753 2017年1月26日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]