チャラン・カノア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
チャラン・カノアの街並み

チャラン・カノア(Chalan Kanoa)とは、アメリカ合衆国自治領である北マリアナ諸島サイパン島の地名。

概要[編集]

サイパン島の南西部に位置し、マウント・カーメル教会や郵便局などがある。また、この地域には「アクエリアス・ビーチ・タワー」等の観光客向けのホテルも数多く存在しており、ファーストフード店や小売店などもある。ススペとはススペ湖に延びる小道を境に接している。

戦前、南洋興発株式会社の「本社」および「サイパン製糖所」がここに置かれた[1]。そして、南洋興発株式会社の諸施設や社宅も広範囲に建設され、日本人が数多く居住していた。チャラン・カノアの北にあるガラパンに次いで発展したことから、1934年(昭和9年)に南洋群島部落制に基づく「チャランカ町」となった。1937年(昭和12年)には南興神社が創建され、町の鎮守として崇められた。

戦後は、日本人に代わって地元島民(チャモロ人カロリン人)が多く住むようになり、現在に至っている。

脚注[編集]

  1. ^ 時事年鑑(昭和14年版)』の巻末の広告より。
    資本金 四 千 萬 圓

    南洋サイパン島
    南洋興發株式會社
    本     社 南洋サイパン島チヤランカノア
    サイパン製糖所 南洋サイパン島チヤランカノア
    テニアン製糖所 南洋テニアン島テニアン
    ロタ製糖所 南洋ロタ島ソンソン
    ポナペ澱粉製造所 南洋ポナペ島マタラニユウム
    ペリリユウ採礦所 南洋ペリリユウ島
    パラオ水産事務所 南洋パラオ島マラカル
    ニユーギニア事務所 蘭領ニユーギニア、マノクワリ

    — 同盟通信社(1938)、833頁(巻末の広告)

参考文献[編集]

  • 『南洋興発株式会社 興発記念砂糖になるまで』 小菅輝雄 編、小菅輝雄、1999年2月、復刻版。
  • 『時事年鑑』昭和14年版、同盟通信社 編、同盟通信社、1938年NDLJP:1136466/423

関連項目[編集]

座標: 北緯15度08分56秒 東経145度42分06秒 / 北緯15.1489度 東経145.7017度 / 15.1489; 145.7017