チャクラム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
チャクラムを持つシク教徒(1844年画)

チャクラムサンスクリット語: cakram; パンジャブ語: chakkar; マレー語: cakeram) は、古代インドで用いられた投擲武器の一種。チャクラ(cakra चक्र)はサンスクリットで「輪」を意味する中性名詞語幹であり、チャクラム(cakram चक्रम्)は、その単数主格にあたる。

概要[編集]

日本では戦輪飛輪円月輪とも呼ばれ忍者が使用した。中国の格闘用武器の一種では風火輪。真ん中に穴のあいた金属製の円盤の外側に刃が付けられており、その直径は12-30cm程。投擲武器としては珍しく斬ることを目的としている。

投げ方は二通りあり、円盤の中央に指を入れて回しながら投擲する方法と、円盤を指で挟み投擲する方法がある。

携帯する際はケースなどに入れず右画像のように腕や首に通したり腰から下げるほか、円錐形の帽子に差し込む例もある。

ヒンドゥー教であるヴィシュヌは上の右手にスダルシャナ・チャクラ英語版と呼ばれる108のノコギリ歯を持つ円盤武器を持つ。タイ王国ではチャクリー王朝の象徴としてスダルシャナ・チャクラを使っており、軍艦旗にもスダルシャナ・チャクラを意匠化したデザインを採用していた(1790年~1855年)。

出典[編集]

参考資料[編集]

関連項目[編集]