チボダス植物園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
チボダス植物園
Cibodas Botanical Garden main entrance.JPG
植物園の入口
施設情報
管理運営 インドネシア科学研究所
開園 1852年
所在地  インドネシア
位置 南緯6度44分26.1秒 東経107度00分29.5秒 / 南緯6.740583度 東経107.008194度 / -6.740583; 107.008194座標: 南緯6度44分26.1秒 東経107度00分29.5秒 / 南緯6.740583度 東経107.008194度 / -6.740583; 107.008194
テンプレートを表示

チボダス植物園(Kebun Raya Cibodas)はインドネシアジャワ島西部のチボダス地域のグデ山(Gede)山麓にある植物園である[1]。現在はインドネシア科学研究所(Lembaga Ilmu Pengetahuan Indonesia)が運営している。海抜1300mから1425mの高地にあり、約85ヘクタールの広さを持つ。年間の平均気温は約20度で湿度は81%である。

歴史と概要[編集]

1852年にボゴール植物園(当時の呼称はLands Plantentuin te Buitenzorg)の学芸員、ヨハネス・エリアス・テイスマンが植物園の分園として設立し、その後、植物園の第3代園長、ルードルフ・スヘッフェルがレイアウトを完成させた。亜熱帯の植物の栽培のために高地に設けられた。1854年にキニーネの生産のためのキナの木が栽培された。この種子はユストゥス・カール・ハッスカールが南米から持ち出し、ジャワ島へもたらしたものである[2]。オーストラリア原産のユーカリやヨーロッパの針葉樹が栽培された。

320種のラン、289種のサボテン、22種の多肉植物など約10,00種の植物が栽培されている。西ジャワ原産の植物の比率は小さい。標本館には5000種ほどの標本が保存されている[3]

ランやサボテンなどを栽培する温室と野外展示があり、野外はサクラ庭園、藻類庭園、シャクナゲ庭園、シダ庭園、薬草庭園などに分かれている。2014年に食虫植物を栽培するHouse of Nepenthes (Rumah Kantung Semar)が新設された。

植物園の画像[編集]

参考文献[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Farah Fitriani, 'See the World in Cibodas Botanical Garden' on the Good news from Indonesia website, posted 11 January 2011.
  2. ^ Audrey Kahin; R. B. Cribb (2004). Historical Dictionary of Indonesia. Scarecrow Press. p. 80. ISBN 9780810849358. https://books.google.co.id/books?id=SawyrExg75cC&pg=PA80&lpg=PA80&dq=justus+carl+haskarl+java&source=bl&ots=44bgsuPABi&sig=-zuiOOKaDyd08U54GobOpGgvlqA&hl=en&sa=X&ei=fQPuVLrWGoTk8AWxsIKwBw&redir_esc=y#v=onepage&q=justus%20carl%20haskarl%20java&f=false 2015年2月26日閲覧。. 
  3. ^ Kebun Raya Cibodas, disparbud.jabarprov.go.id

外部リンク[編集]