チオグリコール酸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
チオグリコール酸[1]
{{{画像alt1}}}
識別情報
CAS登録番号 68-11-1 チェック
PubChem 1133
ChemSpider 1101 チェック
UNII 7857H94KHM チェック
KEGG C02086 チェック
ChEBI
ChEMBL CHEMBL116455 チェック
特性
化学式 C2H4O2S
モル質量 92.12 g mol−1
密度 1.32 g/cm3
融点

-16 °C, 257 K, 3 °F

沸点

96 °C at 5 mmHg

特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

チオグリコール酸(チオグリコールさん、thioglycolic acid、TGA)とは、別名メルカプト酢酸とも呼ばれている酸の一種で、激しい悪臭と刺激臭を示す無色の液体。空気中で容易に酸化してジスルフィド(HO2CH2S-SCH2CO2H)を形成する。

用途[編集]

ナトリウムやカルシウムとの塩にして脱毛剤として使用されている。TGAのアンモニウム塩は、パーマネントウエーブに使われる。TGAとチオグリコール酸アンモニウムが、ジスルフィド結合を分解することによってパーマを作っている。また、皮革製品の脱毛処理にも使わる。

化学分野では塩化ビニルの合成に使われる。TGAはふつうジアニオンであるため金属イオンと錯体を作りやすい。現在、モリブデンそしてスズとの錯体が知られている。

参考文献[編集]

  1. ^ Merck Index, 11th Edition, 9265
  2. ^ CDC - NIOSH Pocket Guide to Chemical Hazards

関連項目[編集]