チェチェンの首長

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チェチェン共和国の国章

チェチェンの首長(―しゅちょう)は、ロシア連邦チェチェン共和国における政府の最高位の官職である。第二次チェチェン紛争のさなか、ロシア政府が統治を取り戻した2003年に創設された職位である。役職名は当初、「大統領」であったが、2010年8月ラムザン・カディロフが「国に大統領は1人だけ」と主張して名称の変更を提唱し、9月2日に議会の決定により「首長」に名称変更された。

要件[編集]

チェチェン共和国憲法第66条の規定により、首長は30歳以上のロシア連邦国民に限られる。任期は4年間で、再選は禁じられている。また、チェチェン議会の代議士、もしくは地方自治体の代議士を兼ねることはできない。

歴代首長一覧[編集]

行政府長官(暫定大統領)[編集]

首長(2010年9月2日までは大統領)[編集]

氏名 就任 退任 所属政党 備考
1 アフマド・カディロフ 2003年10月19日 2004年5月9日 無所属 在任中に暗殺
代行 セルゲイ・アブラモフ 2004年5月9日 2004年10月5日 無所属 首相による権限代行
2 アル・アルハノフ 2004年10月5日 2007年2月15日 無所属 任期途中で辞任
代行 ラムザン・カディロフ 2007年2月15日 2007年3月2日 統一ロシア 首相による権限代行
3 2007年3月2日 (在任中) 2010年9月2日に役職名を首長に変更

出典[編集]