ダヴィト・ダラフヴェリゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ダヴィト・ダラフヴェリゼ
დავით დარახველიძე
被占領地域出身国内避難民・住宅・難民大臣
任期
2012年10月25日 – 2014年7月21日
大統領 ミヘイル・サアカシュヴィリ
ギオルギ・マルグヴェラシヴィリ
首相 ビジナ・イヴァニシヴィリ
イラクリ・ガリバシヴィリ
前任者 ダリ・ホメリキグルジア語版
後任者 ソザル・スバリグルジア語版
個人情報
生誕 (1958-06-04) 1958年6月4日(61歳)
ボスタナグルジア語版 グルジアSSR
国籍 ジョージア (国)の旗 ジョージア
政党 国民フォーラム

ダヴィト・ダラフヴェリゼグルジア語: დავით დარახველიძეグルジア語ラテン翻字: Davit Darakhvelidze1958年6月4日 – )は、ジョージア政治家。2012年から2014年までイヴァニシヴィリ政権およびガリバシヴィリ政権国内避難民・難民大臣を務めた。

経歴[編集]

1958年にアンブロラウリ基礎自治体グルジア語版ボスタナグルジア語版で誕生。1980年にジョージア工学院土木建築工学部を卒業。1996年にトビリシ国立大学グルジア語版法学部で弁護士課程を修了。

1980年から1993年までジョージア農業省で職員として勤務。1998年から2003年までラチャ=レチフミおよびクヴェモ・スヴァネティ州で第一副知事。

2012年から2014年までジョージア国内避難民大臣・難民大臣を務めた。彼は2014年7月、独立状態にあるアブハジア共和国の代表者とトルコイスタンブールで会談を行い、アブハジア内に残されたアブハジア戦争グルジア語版時のジョージア人兵士の遺体搬送について協議した[1]

2014年7月21日、イラクリ・ガリバシヴィリ首相は内閣改造を発表。ピピアはシャルヴァ・ピピア農業大臣ら4名の閣僚とともに内閣を外れることになった[2]。後任にはソザル・スバリグルジア語版矯正・法務支援大臣が指名された[2]

2006年より、政党「国民フォーラム」に参加。

参考文献[編集]

  1. ^ グルジア政治・経済 主な出来事【2014年7月7日~2014年7月13日】 (pdf)”. 在グルジア大使館 (2014年7月17日). 2017年7月22日閲覧。
  2. ^ a b グルジア政治・経済 主な出来事【2014年7月21日~2014年7月27日】 (pdf)”. 在グルジア大使館 (2014年7月30日). 2017年7月22日閲覧。
公職
先代:
ダリ・ホメリキグルジア語版
被占領地域出身国内避難民・住宅・難民大臣
2012年10月25日2014年7月21日
次代:
ソザル・スバリグルジア語版