ダリユシュ・ミハルチェフスキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ダリユシュ・ミハルチェフスキ
Dariusz Michalczewski (2007).jpg
基本情報
本名 ダリユシュ・ミハルチェフスキ
通称 The Tiger (虎)
階級 ライトヘビー級
身長 185cm
リーチ 178cm
国籍 ポーランドの旗 ポーランド
誕生日 (1968-05-05) 1968年5月5日(48歳)
出身地 POL województwo pomorskie flag.svg ポモージェ県グダニスク
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 50
勝ち 48
KO勝ち 38
敗け 2
テンプレートを表示
獲得メダル
ポーランドの旗 ポーランド
男子 ボクシング
ヨーロッパボクシング選手権
1991 ヨーテボリ ライトヘビー級

ダリユシュ・ミハルチェフスキDariusz Michalczewskiポーランド語発音: [ˈd̪arʲjuʃ ˌmʲixalˈt͡ʃɛfskʲi]ダリウス・ミハエルゾウスキーとも、男性、1968年5月5日 - )は、ポーランドの元プロボクサー。元WBAIBFWBO世界ライトヘビー級統一王者。第6代WBO世界クルーザー級王者。恵まれた体格とスピード、テクニックを武器に1990年代後半のライトヘビー級王者に君臨し続けた。精悍な顔つきと鋭い眼光から「The Tiger(虎)」の異名を持つ。ポーランドグダニスク出身。ユニベルスム・ボックス・プロモーション所属。

来歴[編集]

アマチュア時代[編集]

ダリユシュ・ミハルチェフスキは1968年にポーランドで生まれた。1990年にはライトヘビー級でドイツナショナルチャンピオンになる。さらに、1991年には同階級でヨーロッパチャンピオンになった。この年にプロボクシングの盛んなドイツに移住し、プロボクサーの道に進む。アマチュア時代の戦績は133勝15敗2分(83KO)。

プロボクサー時代[編集]

ヨーロッパチャンピオンになった1991年、ミハルチェフスキはドイツに渡り9月16日にプロデビューする。

その後、勝利を重ね1993年5月22日、空位のIBFインターコンチネンタルライトヘビー級タイトルを獲得。

1994年9月10日、リーオンザー・バーバーを12回判定に下し、WBO世界ライトヘビー級タイトルを獲得した。

1994年12月17日、WBO世界クルーザー級タイトルも獲得する[1]

1997年6月13日、WBAIBF世界ライトヘビー級王者のヴァージル・ヒルと統一戦を行い、判定勝ちを収めタイトル統一に成功した[2]

その後もWBOタイトルの防衛を続け、2003年10月18日、フリオ・セサール・ゴンザレスに敗れてタイトルを失うまで、実に10年近く、23度もタイトル防衛し続けるという驚異的な記録[3]を作った。

2005年2月26日、ファブリス・ティオゾに挑戦するも6回TKOで敗れ、同年5月に現役引退を発表した。15年近いプロボクシングキャリアで敗れたのは最後の2戦だけだった。

2008年に3年振りの復帰戦として1試合限りだが、スーパーミドル級最強と言われたスベン・オットケと対戦する話があったが結局実現しなかった。今でも対戦を熱望する人も多い。

獲得タイトル[編集]

  • IBFインターコンチネンタルライトヘビー級王座
  • WBO世界ライトヘビー級王座(防衛23度)
  • WBO世界クルーザー級王座(防衛0度)
  • WBA世界ライトヘビー級王座(防衛0度)
  • IBF世界ライトヘビー級王座(防衛0度)

補足[編集]

  1. ^ ミハルチェフスキはクルーザー級のタイトルは取得後返上し、ライトヘビー級のタイトルを保持する選択をした。
  2. ^ 統一したWBA,IBFのタイトルはすぐに返上した。
  3. ^ 防衛最長記録はヘビー級ジョー・ルイスの25度。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
リーオンザー・バーバー
第3代WBO世界ライトヘビー級王者

1994年9月10日 - 2003年10月18日

次王者
フリオ・セサール・ゴンザレス
前王者
ネストル・ジョバンニーニ
第6代WBO世界クルーザー級王者

1994年12月17日 - 1995年(返上)

空位
次タイトル獲得者
ラルフ・ロッシジャーニ
前王者
ヴァージル・ヒル
第15代WBA世界ライトヘビー級王者

1997年6月13日 - 1997年(返上)

空位
次タイトル獲得者
ルー・デル・パーレ
前王者
ヴァージル・ヒル
第7代IBF世界ライトヘビー級王者

1997年6月13日 - 1997年(返上)

空位
次タイトル獲得者
ウィリアム・ガスリー