ダックスフォード飛行場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ダックスフォード飛行場
Duxford Aerodrome
1946年7月9日撮影
1946年7月9日撮影
IATA: QFO - ICAO: EGSU
概要
国・地域 イギリスの旗 イギリス
所在地 ダックスフォード
種類 公共用
運営者 ダックスフォード帝国戦争博物館
標高 38 m (125 ft)
座標 北緯52度05分27秒 東経000度07分55秒 / 北緯52.09083度 東経0.13194度 / 52.09083; 0.13194
滑走路
方向 長さ×幅 (m) 表面
06/24 1,503×45 アスファルト
06/24 880×25 草地
出典:イギリス AIP at NATS[1]
リスト
空港の一覧
テンプレートを表示

ダックスフォード飛行場: Duxford Aerodrome)はイギリスイングランド東部ケンブリッジシャーダックスフォードにある、イギリス空軍アメリカ陸軍航空軍の航空基地を前身とする飛行場

飛行場の施設は1977年に開設されたダックスフォード帝国戦争博物館とケンブリッジシャー州政府の共有で、航空管制は同博物館が行っている。

同飛行場は旅客及び練習用として運用許可を得ているが、夜間の離着陸は認められていない[2]

歴史[編集]

第一次世界大戦中、イギリス空軍の基地として建設された。

第二次世界大戦ではバトル・オブ・ブリテンの基地となり、戦争後期にはアメリカ陸軍航空軍 (USAAF) に供与され、同軍の第357基地となりドイツへの空爆拠点となった。戦後の1945年12月、イギリス空軍に返還された。

1977年、ダックスフォード帝国戦争博物館が開館。

2012年7月3日、同飛行場の滑走路でテスト走行を行うマルシャF1チームのドライバーマリア・デ・ヴィロタが駆るF1マシンMR01」が原因不明の暴走をしてトラックに突っ込む事故を起こした[3]。これにより、デ・ヴィロタは右目を失う重傷を負った[4]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]