ダグラス・リルバーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ダグラス・リルバーンDouglas Gordon Lilburn, ONZ, 1915年11月2日 - 2001年6月6日)は、ニュージーランド出身の作曲家

ニュージーランド北島ドライスデールの農場に生まれる。クライストチャーチのカンタベリー・カレッジ(現在のカンタベリー大学)にて音楽の勉強をし、1936年にはパーシー・グレインジャーが創設した作曲賞を受賞した。その後ロンドン王立音楽大学に留学し、レイフ・ヴォーン・ウィリアムズに師事した。1940年に帰国し、ヴィクトリア大学ウェリントンの教授として、ニュージーランド音楽の発展に貢献した。

作風[編集]

初期の作風はヨーロッパの後期ロマン派に強く影響されていた。1950年代にはその上に十二音音楽セリエル音楽を取り入れ、1960年代以降はもっぱら電子音楽を作曲した。

主な作品[編集]

  • ドライスデール序曲(1937)
  • アオテアロア序曲(1940)
  • 3つの交響曲(1949,1951,1961)

文献[編集]

  • The New Grove Dictionary of Music and Musicians. Macmillan Publishers. (1995). pp. 857–858. ISBN 1-56159-174-2.