ダイノジのキスで殺してくれないか

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ダイノジのキスで殺してくれないか(だいのじのきすでころしてくれないか)とは、吉本興業漫才師ダイノジをパーソナリティとする、CBCラジオハイパーナイト枠のラジオ番組。ホームページ等では「ダイノジのキスころ」書かれていた。

当番組終了後12年を経て、2016年10月より大谷が一人で「大谷ノブ彦のキスころ」をスタートさせた。

放送時間[編集]

すべてJST

  • 水曜23:30-24:50(2002年4月-2004年3月)
  • 火曜23:30-24:50(2004年4月-2004年9月)

番組内容[編集]

  • お笑い芸人のラジオらしく、フリートークやネタコーナーなどを中心とした番組。
  • 大谷が好きなバンドやリスナーからの悩みに熱く語ることも多かった。
  • 東海地区のローカル番組であるが、全国各地のハガキ職人が投稿していた。後にプロの放送作家になった人間もいる。
  • パーソナリティはダイノジの2人だったが、スタジオにはBコースピース綾部祐二などの若手芸人や放送作家もいて、トークに参加したりいじられたりした。

主なコーナー[編集]

コーナーはコサキンDEワァオからの影響を受けたものが多い。コサキンはダイノジが意気投合したキッカケになった番組でもあり、コサキンにゲスト出演したこともある。

  • 山下真司は童貞だ -永遠の童貞のシンボル山下真司の行動を送ってもらうコーナ-
  • 大地家の人々 -大地家の面々の行動を送ってもらうコーナー
  • 名付けましょう -ダイノジ単独ライブのタイトルを考えてもらうコーナー

コーナー名はなかったものの、リスナーがこの番組のリスナー「油脂まみれ」にラジオネームをつけてもらうのが定番になっていた。ダイノジには「油脂まみれ先生」と呼ばれていた。

エピソード[編集]

  • ダイノジの2人が中日ドラゴンズのファンになったのはこの番組のリスナーに勧められたのがきっかけ。
  • ドラゴンヘッドの映画版を大谷が酷評したが、その直後に映画の宣伝CMが流れたことがあった。CM明けには気まずい感じであった。

後継番組[編集]

  • JFN系で放送されているSCHOOL NINEを2008年からダイノジが担当しているが、一部コーナーをこの番組から引き継いでいる。