タンナファクルー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

タンナファクルー沖縄県郷土菓子

明治時代に、首里で菓子商を営む玉那覇二郎(タンナファ・ジルー)によって考案された。溶かした黒糖小麦粉重曹[1]を混ぜてこね、丸く型抜きして焼いた安価で素朴な焼菓子である。元来、琉球王家にはクンペンという胡麻入りの高級菓子があったが、庶民には高嶺の花で手が届かなかった。タンナファクルーは、クンペンの代用品で餡を用いていない。

「タンナファクルー」という名称は二郎のあだ名に由来する。「クルー」は「黒(い人)」の意で、二郎が色黒であったためについたあだ名であったという[2]

脚注[編集]

  1. ^ 当時のレシピ。現在市販されているものには、鶏卵牛乳などが加えられている。
  2. ^ 「黒」は菓子のこんがり焼けた色を表すという異説もある。

参考文献[編集]