タンゴ (アルベニス)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Arranged for saxophone and piano, performed by Wasei Dúo at Museum of Romanticism (Madrid) on November 3, 2015. Duration is 2:25.

この音声や映像がうまく視聴できない場合は、Help:音声・動画の再生をご覧ください。

タンゴ ニ長調』は、イサーク・アルベニスが作曲した全6曲からなる組曲『エスパーニャ』作品165のうちの第2曲。組曲の中でも特に有名な作品で「アルベニスのタンゴ」の名前でも親しまれ、作曲者の代表曲となっている。

ドビュッシーに絶賛されたピアノ名手の作者中期の傑作の一つで、ニ長調の暖かい響きが人気を集め、ヴァイオリン編曲などで日本国内の商業放送でも親しまれている。

構成[編集]

Andantino

4分の2拍子。冒頭からタンゴの緩やかなリズムが歌われる。3度と6度の主和音と効果的な装飾音が全曲に流れている。

その他[編集]

日本音楽ユニットであるALI PROJECT(発表当初は「蟻プロジェクト」名義)の楽曲『マリーゴールド・ガーデン』はこの曲をアレンジしたものである。

外部リンク[編集]