タミラカム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
タミラカム
紀元前3世紀–西暦4世紀
Tamiḻakam in the Sangam Period
首都 入力がありません
政府 入力がありません
歴史
 •  創立 紀元前3世紀
 •  解体 西暦4世紀
現在 インドの旗 インド

タミラカムまたは古代タミル国は、紀元前3世紀から西暦4世紀までのサンガム時代に存在した南インドの王国である。 現在のインドのタミル・ナードゥ州ケーララ州、そしてアーンドラ・プラデーシュ州カルナータカ州の南側を領地としていた。

語源[編集]

タミラカムは、タミルとアハムという二つのタミル語を組み合わせたかばん語である。大まかに翻訳すると「タミル人の母国」という意味である。 インド文学者で言語学者のKamil Zvelebil教授によると、この用語はインド亜大陸でタミル人の領土を指す時に使用された最古の用語であるとしている[1]エリュトゥラー海案内記では、Damiricaと記載されている[2]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ Zvelebil 1992, p. xi.
  2. ^ The Ganges in Myth and History, Motilal Banarsidass Publ., 01.01.2001, p.93
印刷物