タヌキアヤメ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
タヌキアヤメ科
Philydrum lanuginosum.jpg
タヌキアヤメ
分類
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperms
階級なし : 単子葉類 Monocots
: ツユクサ目 Commelinales
: タヌキアヤメ科 Philydraceae
学名
Philydraceae Link [1]
タイプ属
Philydrum Banks & Sol. ex Gaertn.[1]

タヌキアヤメ科(Philydraceae Link)はツユクサ目に属する小さい科である。東南アジアから太平洋諸島、オーストラリアの熱帯亜熱帯に分布する多年草、3属6種からなる。日本ではタヌキアヤメだけが九州南部以南に自生する。

は線形で叢生し、直立する茎の先に穂状または円錐状花序がつく。は両性で苞に抱かれている。3数性の多い単子葉類としては非典型的な2数性の花を持ち、花被は内外2枚ずつで花弁状。雄蕊は1本。子房上位。果実はさく果で多数の種子を含む。

クロンキスト体系新エングラー体系ではユリ目に入れられていた。

[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b Philydraceae
  2. ^ Philydraceae The Plant List