タナ湖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
タナ湖の衛星写真

タナ湖(タナこ)はエチオピア北西にある淡水湖。エチオピア最大の青ナイル川源流である。位置、北緯12度0分、東経37度15分。深さは最大15 m、面積は約3000 km2で、海抜1800 m。この湖の特徴として、37の小さなが点在していること。島に計29の修道院が散在していることが挙げられる。

漁業を支える魚類の7割が固有種である。また、多くの旧北区渡り鳥クロヅルオナガガモオグロシギエリマキシギが湖を訪れ、湖畔に多い植物としてはコルディア・アフリカーナキバナタカサブロウ英語版テフアラビカコーヒーノキなどがある。2014年に生物圏保護区に指定された[1]

パピルスで作ったボートで修道院へ向かう修道士

脚注[編集]

  1. ^ Lake Tana Biosphere Reserve, Ethiopia” (英語). UNESCO (2018年10月22日). 2023年1月24日閲覧。