タゾ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
タゾ
Tazo
Selection of Tazo teas.jpg
タゾのティーバッグ
種類 子会社
本社所在地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
オレゴン州ポートランド
設立 1994年
業種 食料品
事業内容 紅茶ハーブティーの製造、加工、販売
従業員数 50名
外部リンク http://www.tazo.com
テンプレートを表示

タゾ・ティー・カンパニー(英語:Tazo tea company)は、アメリカ合衆国に本社を置く紅茶ハーブティーの製造及び卸売業者。現在はスターバックス子会社である。

歴史[編集]

タゾは1994年にスティーブ・スミス(2006年に引退)と彼のビジネスパートナーであったスティーブン・リー、トム・メッシャーによってオレゴン州ポートランドで設立された。リーとスミスはやはりポートランドで1972年に「スタッシュ・ティー・カンパニー」 (Stash Tea Companyを共同設立していたが、スタッシュ・ティー・カンパニーは1993年の秋に山本山に買収されていた[1]

スミスは多くのレストランや食物店、喫茶店でタゾティーを支持してもらうために食物サービス産業内の様々なコネを利用した。その中で投資元として選ばれたのがスターバックスの最高経営責任者であるハワード・シュルツであった。スミスは1998年にシュルツに接近し、1999年に同社はスターバックスによって810万ドルで買収された[2]

アメリカではティパックおよび瓶入り飲料としてスーパーマーケットなどで広く販売されているほか、スターバックスの子会社であるタゾの茶はスターバックスのメニューにもなっており、アメリカはもちろん日本のスターバックスでも飲むことができる。日本では2012年現在「イングリッシュ・ブレックファースト」、「ラベンダーアールグレイティー」、「チャイ」、「スペアミントグリーンティー」、「ハイビスカスブレンド」の5種類が提供されている。

2012年10月には、タゾ名義で紅茶専門店をオープンした[3]。新店舗はシアトルのユニバーシティビレッジにあり、広さは158平方メートル(1700平方フィート)ほど[4]。80種類以上のリーフティーのほかペイストリーなどの焼き菓子、箱入りチョコレートなどが販売されている[4]

マーケティング[編集]

タゾは「ニューエイジ」スタイルのマーケティングや商品のラべリングを行っている。例えば、以前はあらゆる箱に「公認されたティー・シャーマンによって祝福されたもの」(Blessed by a certified tea shaman)というラベルが貼られていたほか、最初のキャッチフレーズは「お茶の輪廻」(The Reincarnation of Tea)であった。

ロゴには少し変更されたエグゾデ書体が使われている。例えば、タゾ(Tazo)の「T」は2006年に読みやすさを考慮して横棒が上方に移動されている。

脚注[編集]

外部リンク[編集]