タウフィーク・パシャ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
タウフィーク・パシャ

タウフィーク・パシャ(Tewfik Pasha、1852年11月15日 - 1892年1月7日)は、エジプトムハンマド・アリー朝の第6代君主(在位:1879年 - 1892年)。オスマン帝国のエジプト副王(在位:1879年 - 1892年)。前任者イスマーイール・パシャの子息。

1879年、父がイギリスから圧力をかけられて追放された後に即位した。在位期間中エジプトの国内状況は悪化の一途をたどり1879年から1882年までウラービー革命が勃発した。イギリスの武力によって乗り切るが、以降エジプトは保護国になってしまった。