ファールーク1世 (エジプト王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ファールーク1世
فاروق الأول
エジプト王
Kingfarouk1948.jpg
在位 1936年4月28日 - 1952年7月26日
出生 1920年2月11日
エジプトの旗 エジプトカイロ
死去 1965年3月18日(満45歳没)
イタリアの旗 イタリアローマ
埋葬  
エジプトの旗 エジプトカイロアッ=リファーイー・モスク
王太子 フアード2世
配偶者 ファリダ
  ナリマン・サディク
子女 フェリアル
ファウズィーヤ
ファディア
フアード2世
王朝 ムハンマド・アリー朝
王室歌 エジプト国王に平安あれ
父親 フアード1世
母親 ナーズリー・サブリー
テンプレートを表示

ファールーク1世Farouk I または Faruq I, アラビア語:فاروق الأول, 生没1920年2月11日 - 1965年3月18日)は、エジプトの国王(在位1936年 - 1952年)であり、エジプトを最後に支配した君主である。ファルーク1世とも表記される。

生涯[編集]

1920年、フアード1世と二番目の妻ナーズリー・サブリーの息子として生まれる。王宮からほとんど出さずに育てられ、遊び相手は妹たちだった。14歳でイギリスのウーリッジ陸軍士官学校に留学。1936年に父親が死去すると帰国して国王に即位した。翌年、最初の美貌の妻と結婚して国民から歓迎された。

即位当初は順調だったが、第二次世界大戦が勃発し1941年に、ドイツのロンメル将軍が率いるアフリカ軍団がエジプトに迫ると協力してイギリスを追い出すべきだとする世論が強まった。これに焦ったイギリスは、ファールークに圧力をかけ対英協力内閣を成立させた。このことで人気は急落する。こうした不満をそらすために政府首脳の反対を押し切って1948年、第一次中東戦争に参戦するが軍司令部の準備不足から敗戦。国王の威信を完全に失墜させた。

そしてイスラエルとの戦いに敗れて帰国したムハンマド・ナギーブガマール・アブドゥン=ナーセル率いる自由将校団が1952年に起こしたクーデターエジプト革命)により王位を追われ、息子のフアード2世が王位を継承するものの、翌年に廃位され、ムハンマド・アリー朝は終焉を迎えることになる。同年7月26日、ヨットに財産を詰め込み軍に見送られながら亡命先のヨーロッパへ出航した。到着先でも華やかに生活して1965年に食事中に死亡した。

人物[編集]

  • 即位当初は痩せていてハンサムだったが、暴飲暴食により肥満体になった事で「腐ったメロン」と呼ばれた。
  • 1936年にサフィナズ・ハニム・ズルフィカー(ファリダ王妃)と結婚。国民の人気は高かったものの男子が生まれなかったことから、第一次中東戦争の最中1948年に離婚した。その後、1951年ナリマン・サディクと結婚したが、彼女は既に婚約者がいた上にラマダーンの最中に新婚旅行に出かけるなど、先の離婚を巡ることと重なって多くの国民の不興を買った。ただ、ナリマン・サディク王妃との間には、待望の男児としてフアード2世が生まれている。

関連項目[編集]

先代:
フアード1世
エジプト国王ムハンマド・アリー朝
1936年 - 1952年
次代:
フアード2世