タイランド・サイエンスパーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

タイランド・サイエンスパーク (タイ語:อุทยานวิทยาศาสตร์ประเทศไทย英語:Thailand Science Park)は、タイ王国が2002年に初めて建設した科学技術研究開発振興区。内閣科学技術省監督下のタイ国立科学技術開発庁技術管理センターが管理。バンコクの郊外北パトゥムターニー県に立地している。

概要[編集]

タイランド・サイエンスパークは、2002年に設置されたタイ王国で初にして最大の科学技術開発区。敷地は80エーカー、タンマサート大学によって提供された。サイエンスパークバンコク都心は高速道路で接続している。ハイテクビジネスのための科学技術インフラの整った事業区、国立研究所が整備されている。現在第二期拡張工事が進行中である。

オフィス所在地[編集]

131 อุทยานวิทยาศาสตร์ประเทศไทย ถนนพหลโยธิน ตำบลคลองหนึ่ง อำเภอคลองหลวง จังหวัดปทุมธานี 12120

施設[編集]

サイエンスパーク内には、付設施設としてタイランドサイエンスパークコンベンションセンター(4階建て、総床面積3,000㎡)、インキュベーションセンター、パイロットプラント、民間部門研究開発ラボラトリーが設置されている。また、情報技術知識サービスセンターも入所しており、インターネットおよびデーターベース環境を提供している。さらに、サイエンスパーク内での生活のために、図書館、医療施設、銀行、貯蓄組合、集会場、保育施設、デイケア施設、生活雑貨店、フードコート(2箇所)、カフェ・レストランなどを備えている。

研究センター[編集]

サイエンスパーク内には4つの国立研究センターが入所している。

  1. タイ国立遺伝子生命工学研究センター(BIOTEC)‐1983年設立
  2. タイ国立金属材料技術研究センター(MTEC)‐1986年設立
  3. タイ国立ナノテクノロジー研究センター(NANOTEC)‐2003年設立
  4. タイ国立電子コンピューター技術研究センター(NECTEC)‐1986年設立

日本の研究機関では以下の機関がオフィスを構える。


また、科学研究で知られる以下の三大学がサイエンスパークに近接する地域にキャンパスを構えている。

第2区画[編集]

タイランド・サイエンスパーク第2区画「イノベーション・クラスター2」(INC II)は、連絡通路でつながった4つの棟からなる。14の会議室と講堂を付設。付属施設タイランドサイエンスパークコンベンションセンターとも直結。延床面積127,000 m2超。2011年12月に完成予定[1][2]

関連事項[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ http://www.sciencepark.or.th/index.php?option=com_content&task=view&id=201&Itemid=319
  2. ^ InfoBiz Thailand『タイランド・サイエンスパークとは その3』2011年8月13日閲覧

外部リンク[編集]