タイ国立遺伝子生命工学研究センター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

タイ国立遺伝子生命工学研究センター (タイ語:ศูนย์พันธุวิศวกรรมและเทคโนโลยีชีวภาพแห่งชาติ、タイ略語:ไบโอเทค、英語:National Center for Genetic Engineering and Biotechnology 英略称:BIOTEC)は、タイ王国 内閣科学技術省タイ国立科学技術開発庁監督下の研究所。1986年9月20日に設立。タイ王国におけるバイオテクノロジー遺伝子工学の分野での研究開発、産業の育成を目的とする。パトゥムターニー県タイランド・サイエンスパーク内に立地。タイ国立遺伝子工学バイオテクノロジーセンターとも記述される。

概要[編集]

タイ国立遺伝子生命工学研究センターは、1983年9月20日内閣の決定を受けて、科学技術エネルギー省監督下の「国立遺伝子生命工学センター」(NCGEB)として設立された。タイのバイオテクノロジー研究助成機関として高等研究機関、博士、修士学生の研究資金支援を行ってきた。1991年12月30日、タイ国立科学技術開発庁の発足すると、その傘下に加わった。2003年、政府が「バイオテクノロジー政策委員会」を組織すると、同研究所はタイのバイオテクノロジー戦略の主導的な位置を任せられることになった[1]。さらに、2007年から2008年の間、タイ国立科学技術開発庁で大規模な再編が行われると、2008年10月1日研究センターの研究資金配分機能と研究研究計画管理業務は、同庁の研究クラスター・プログラム管理局に管理が移管され、この措置により、研究センターは研究ファンドとしての役割を終え、純粋に研究所としての地位を獲得することになった[2]

所在地[編集]

研究所本部[編集]

  • パトゥムターニー県 クローンルワン郡 タムボン・クローンヌン パホンヨーティン通り サイエンスパーク 113 

113 อุทยานวิทยาศาสตร์ประเทศไทย ถนนพหลโยธิน ตำบลคลองหนึ่ง อำเภอคลองหลวง จังหวัดปทุมธานี 12120

研究ユニット[編集]

研究センターは数多くの目的別研究ユニット群といくつかの独立研究所・センターから構成されている。研究所では外部公機関や大学との共同研究も行っており、研究所では農業科学からバイオ医療、環境科学まで幅広い分野の研究を行っている。

  1. バイオ資源技術ユニット - タイランド・サイエンスパーク内
  2. 農業バイオテクノロジー研究ユニット - タイランド・サイエンスパーク内
  3. 食糧バイオテクノロジー研究ユニット - タイランド・サイエンスパーク内
  4. 医用高分子生物学研究ユニット - タイランド・サイエンスパーク内
  5. タイ・ゲノム研究所 - タイランド・サイエンスパーク内
  6. 生化学エンジニアリング・パイロットプラント研究開発ユニット - モンクット王工科大学トンブリ校(KMUTT)内
  7. 廃棄物利用管理拠点センター(ECoWaste) - モンクット王工科大学トンブリ校(KMUTT)内
  8. キャッサバ・スターチ技術研究ユニット - カセートサート大学内
  9. 米遺伝子解析ユニット - カセートサート大学内
  10. 医用バイオテクノロジー研究ユニット - シリラート病院
  11. バイオ医療技術研究センター - チェンマイ大学
  12. 海洋バイオテクノロジー拠点センター - チュラーロンコーン大学
  13. 海老高分子生物学・ゲノミクス拠点センター - チュラーロンコーン大学
  14. 海老高分子生物学・バイオテクノロジー拠点センター(Centex Shrimp) - マヒドーン大学内
  15. 泥炭地熱帯雨林研究拠点 - ナラーティワート県

受賞[編集]

同研究所主任研究員ユンヨット・ユッタウォン博士はマラリア研究が認められ、2004年第9回日経アジア賞を受賞している[3]

関連事項[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ 科学技術振興機構研究開発戦略センター (2008) p29
  2. ^ http://www.biotec.or.th/biotechnology-en/en/About-Us.asp
  3. ^ http://www.nikkei.co.jp/hensei/asia2004/asia/prize_jusyo2.html

外部リンク[編集]