ゾフィー・ヘートヴィヒ・フォン・ブラウンシュヴァイク=ヴォルフェンビュッテル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ゾフィー・ヘートヴィヒと3人の息子たち、パウルス・モレールス画

ゾフィー・ヘートヴィヒ・フォン・ブラウンシュヴァイク=ヴォルフェンビュッテル(Sophie Hedwig von Braunschweig-Wolfenbüttel, 1592年6月13日ヴォルフェンビュッテル - 1642年1月13日アーネムオランダ)は、ナッサウ=ディーツ伯エルンスト・カシミールの妻。ブラウンシュヴァイク=ヴォルフェンビュッテルハインリヒ・ユリウスとその2番目の妻でデンマークノルウェー王フレゼリク2世の娘であるエリサベトの間の長女として生まれた。

1607年、ナッサウ=ディーツ伯エルンスト・カシミールと結婚した。1633年に夫と死別すると、寡婦領としてディーツ城 (Grafenschloss Diez) を与えられた。ゾフィーは三十年戦争の渦中にあって、ドイツ西部に駐屯する諸国軍の司令官たちと巧みに交渉を行い、ディーツ伯領で兵士が野営したり掠奪したりするのを阻止し、ディーツ伯領の平和を守った。ソフィーの名領主ぶりは領地外でも広く知られており、例えば1633年、スウェーデンの宰相アクセル・オクセンシェルナ伯爵は、自国軍がゾフィーの領地内で戦闘行為を行ったことに関して、彼女に補償をしている。

ゾフィーは戦時下の伯爵領の領民のために尽くし、彼らのために食糧と水の供給源を確保し、また農村の安全を保障した。1635年ペストが流行した際も、ゾフィーは動揺する民心を鎮めた。またゾフィーはプロテスタント信徒の家系に生まれたが、晩年には義弟のナッサウ=ハダマール侯ヨハン・ルートヴィヒ(ヤン・ローデウェイク)と一緒にカトリックに改宗した。

子女[編集]