ソヴィェツク (トゥーラ州)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

座標: 北緯53度56分29.04秒 東経37度37分59.16秒 / 北緯53.9414000度 東経37.6331000度 / 53.9414000; 37.6331000 ソヴィェツク(ソビエツク、ロシア語: Сове́тскラテン文字表記の例: Sovetsk)はロシアトゥーラ州の中部にある都市。州都トゥーラからは南西へ43km、M2幹線道路および鉄道本線の通る町シチョーキノからは南東へ15kmで、すぐ東にはリプキの町がある。オカ川の支流ウパ川に沿う。

人口は、2002年国勢調査では8,770人、1989年ソ連国勢調査では10,077人だった。

歴史[編集]

1940年代末にシチョーキノ火力発電所が建設された際、その冷却水用に建設された貯水湖のほとりに、発電所の労働者用の住宅地が建てられた。1950年7月1日に発電所が操業開始し、住宅地は労働者集落ソヴィェツキー(Сове́тский)となった。1954年に市に昇格している。

産業と交通[編集]

ソヴィェツクにはシチョーキノ火力発電所があり、地域電力会社 TGK-4 が運転している。出力は400メガワットである。

そのほかにはボイラーやパイプなどの製造、保冷材製造、家具や繊維などの製造を行う工場がある。

最寄の鉄道駅はシチョーキノで、モスクワからトゥーラ、オリョールクルスクハルキウを通ってクリミア半島ウクライナ)のシンフェロポリへ向かう鉄道沿いにある。また町の北側には、シチョーキノ=リプキキレーエフスク=ジェジロヴォ(ウズロヴァヤ)を結ぶ貨物線が走っている。

外部リンク[編集]