ソバ属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ソバ属
Fagopyrum cymosum.jpg
分類
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 Eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 Core eudicots
: ナデシコ目 Caryophyllales
: タデ科 Polygonaceae
: Fagopyreae
: ソバ属 Fagopyrum
学名
Fagopyrum Mill.[1]
タイプ種
Fagopyrum esculentum
和名
ソバ(広義)
英名
buckwheet[1](広義)
[1]
  • sect. Fagopyrum
  • sect. Polygonopsis

ソバ属(ソバぞく、Fagopyrum)は、タデ科の1属である。

かつてはタデ属 Polygonum s.l. に含められていた。

ソバとはこの属の模式種 Fagopyrum esculentum の標準和名であるが、ソバ属をソバと総称し、Fagopyrum esculentum は「普通ソバ」と呼ぶこともある。英語の buckwheatcommon buckwheat にも同様の語法がある[2]

特徴[編集]

花被片はほぼ遊離[1]

系統位置[編集]

EskemukerjeaHarpagocarpusPteroxygonum (いずれも単型)を加えた4属は、Fagopyreae(直訳:ソバ連)にまとめられた[1]

ただし、このうち Pteroxygonum は、以前は遠縁と思われたいくつかの属と共に新連 Calligoneae に移された[3]Eskemukerjea もおそらくソバ属に最も近縁ではない[4]

これら4属を「広義のソバ属」Fagopyrum s.l. にまとめる説もある[1]が、これらの理由で系統的ではない。

主な種[編集]

約19種が属し[1]、それらは2節に分けられる[1]

  • sect. Fagopyrum - 4種[1]
  • sect. Polygonopsis - 14種[1](リストは不完全)
    • Fagopyrum macrocarpum
    • Fagopyrum callianthum
    • Fagopyrum urophyllum
    • Fagopyrum gilesii
    • Fagopyrum statice
    • Fagopyrum leptopodum
    • Fagopyrum gracilipes
    • Fagopyrum capillatum
    • Fagopyrum pleioramosum
    • Fagopyrum lineare
    • Fagopyrum rubifolium

なお、「広義のソバ属」(おそらく多系統)に加わる種は以下のとおり:

利用[編集]

ソバが主に日本ロシア中国アメリカカナダミャンマーで、ダッタンソバが主に中国、ネパールブータンで栽培される[5]種子穀物と同様に利用し、擬穀 (pseudocereal) に分類される。

イネコムギに比べ脱粒(種子が植物本体から脱落すること)を起こしやすい欠点がある。無限花序のため、一本の穂の中で結実時期に差があるのがその一因である[2]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j Galasso, G.; Banfi, E.; et al. (2009), “Molecular phylogeny of Polygonum L. s.l. (Polygonoideae, Polygonaceae), focusing on European taxa: preliminary results and systematic considerations based on rbcL plastidial sequence data”, Atti della Società Italiana di Scienze Naturali e del Museo Civico di Storia Naturale di Milano 150: 113–148, http://www.researchgate.net/profile/Gabriele_Galasso/publication/257029473_Molecular_phylogeny_of_Polygonum_L._s.l._%28Polygonoideae_Polygonaceae%29_focusing_on_European_taxa_preliminary_results_and_systematic_considerations_based_on_rbcL_plastidial_sequence_data/file/60b7d5243dcbdf2e06.pdf 
  2. ^ a b 大場伸哉; 鈴木祐介; 藤本文弘 (1997), “ソバ属2の 脱粒性関連形質の種・品種間差異”, 岐阜大農研報 62: 7−13, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001000890 
  3. ^ Schuster, Tanja M.; Setaro, Sabrina D.; Kron, Kathleen A. (2013), “Age Estimates for the Buckwheat Family Polygonaceae Based on Sequence Data Calibrated by Fossils and with a Focus on the Amphi-Pacific Muehlenbeckia”, PLOS ONE 8 (4): 1, doi:10.1371/journal.pone.0061261 
  4. ^ Ohsako, T.; Fukuoka, S.; Bimb, H. P.; Baniya, B. K.; Yasui, Y.; Ohnishi, O. (2001), “Phylogenetic analisys of the genus Fagopyrum (Polygonaceae), including the Nepali species F. megacarpum, based on nucleotide sequence of the rbcL-accD region in chloroplast DNA”, Fagopyrum 18: 9-14, http://lnmcp.mf.uni-lj.si/Fago/Fagopyrum/Fagopyrum/Each/Fag(18)/Fag(18)-9.pdf 
  5. ^ 六笠裕治 (2011), “ソバ属栽培2種(Fagopyrum esculentum Moench, F. tataricum Gaertn.)の新たな育種法と育種に関する研究”, 北海道農研研報 195: 57-114, https://www.naro.affrc.go.jp/publicity_report/publication/files/195-04ja.pdf